男性用カツラ

今年40歳になった私だが幸いにして自毛フサフサで今のところ全然心配はしてないのですが、やっぱり朝起きて枕の上の抜け毛なんかが多いと気になる年には なってきているのであります。

さて、最近男性用カツラのコマーシャルがすっかり影を潜めて育毛とかヘアチェックつまりヘアケアに一斉にアプローチが変わってきている ようですね。
昔はハゲておっとこの表現は問題ですね、髪の毛が薄くなっていたらあきらめてカツラを買いなさいいて宣伝してたのが、あなたの髪生えて来るってやってます ね。

この戦略は上手いと思う、自分の髪が薄くなって迷って迷ってカツラメーカーに来るお客を待っているよりも、少し抜け毛が気になってきて いるお客を含めて呼込んだほうが数倍のお客を招くことが出来ますからね?

ヘアチェックして頭皮をマッサージして育毛をさせていくみたいですが、勿論マッサージして育毛の効果を出していくためには何回も通う必 要があるわけで、カツラを販売してとうぶん同じお客には売れないよりも定期的にヘアケアに来てくれて、頭皮マッサージを続けても何年もすれば当然お客も年 をとってきて髪が薄くもなってくることは充分予想できるから、そのときはそのときで自社のカツラを買ってもらえば良いじゃないですか?

単なる私の想像なんですが、昔カツラメーカーは世間の人達の髪の毛が薄くなるのだけを願っていたのかもしれませんが、今はヘアケアを目 玉にしてきていますから、カツラが持っていた暗いイメージから明るい健康産業に変身ですね。

某男性カツラメーカーはお客様に資料を郵送する際に絶対に社名入りの封筒で送ったり差出人がカツラメーカーだと分る送り方はしなっかっ たと聞きます(今でもそうだと思いますが)。
当然営業車にも自社名は入れないですね、人前で大きな声で自分の会社名を名乗ってお客様以外の回りの方に聞かれたら困るから、場合によっては会社名をわか ら無いようにしてなんて、社員の方は当然と思っているかもしれませんが、どうせならカツラメーカーも健康なイメージになってきたのですから、堂々と社名入 りの封筒で資料を送ったり出きるようになってきているかなと思っている。

私はせいぜいワカメでも食べてお世話になら無いように健康的な生活を心掛けよう!

追伸

女性に聞きますと、男は外見じゃなくて中身だとか優しい人って希望が出てくる事が圧倒的で禿げた人は困るとかかつらはいやだっ て意見は皆無だと思いますが、いざ自分が実際に選ぶとなりますと、いくら優しいスポーツマンであっても、はげ頭とか鬘の男性は敬遠する女性が多いのでは無 いでしょうか?

勿論、そんな背景が無いとカツラで自分の髪の毛を補おうとする男性は一気にいなくなってしまうので有りまして、カツラ業界を取 り巻く環境は、外見で男性を選んでしまう女性と、女性にもてたい男性の気持ちの上に成り立っているのでは無いでしょうか?