社団法人住宅住宅保障機構の住宅性能保障について

最近は町の工務店でも、住宅保障機構を利用して10年保障が当たり前になってきています。
この10年保障について考えてみたいと思います。

実はこの保障内容について、非常に気になる事が有りましたので、調べてみました。

保障内容については
地盤沈下や家の傾きについて、10年間保障する内容なのですが、気になったのは天災、つまり地震とか台風で保障がされるかどうかの点と、天災による不具合と施工の問題による不具合の切り分けなのです。

私が思うに、毎日無風状態で、全く地震もなく平和な毎日が続いていれば、余程の施工をやっていない限り不具合は出てこないと思うのです。

ちょっとした地震、や風が吹いて住宅に不具合が出た場合、どこまでが天災によるものか、施工の問題なのかの切り分けが明確でない点なのが疑問なのであります。
気になって、電話で確認を取ってみましたが、個別に調査をして切り分けるとの事で明確な基準はないようです。

どうせなら、震度6以上は天災により保障しないとか、風速50メートル以上は天災なので保障しないとかの明確な基準が欲しいところです。