住宅設計と風水について

以前にもこのテーマで書いた記憶が有りますが、付加価値を付ける為なのか風水を信じている人が多いからなのか、風水の考え方を取り入れた住宅設計が、それなりに社会に受け入れられて居るようですので、今回のコラムでは住宅設計と風水について書いてみようと思います。

でね人によって風水とか占いの類を信じる人や信じない人が居ますし、風水を長年の経験や統計に基づいて導かれた、ちゃんとした裏付けの有る学問だって力説する人も存在するのですが、個人的には信じたい人は信じればよいと思いますし、信じない人でも新築住宅を建てる前に行う、地鎮祭に何の違和感も抱かなかったりするので有りまして、その辺り人間の心理ってのは微妙な所なのですよね。

まあその風水は気?だか何だかの得体の知れないものの流れを妨げないのが基本らしいですから、別に住宅設計に風水の考えを取り入れても、極端に突飛な設計にならないと思いますし、まあ取り入れても害はないとは思いますが、風水の考え方を取り入れた分だけ設計料が跳ね上がってしまうようであれば、少しだけ考えたほうが良いかもしれないですよね。

何と言いますか、風水の考え方を取り入れた分だけ設計料が上がってしまうのであれば、その分を風水に使わないで、材料とか住宅資材などの目に見える部分にお金をかけるって方法も有ると思いますし、その辺りは信じ方の度合いによって変わってくるのでしょうかね?

但し、設計が終わって建築が始まってから色々気にしても始まらないので有りまして、建築が始まってから設計変更は出来ないって思う必要が有りますので、優柔不断な方は特に注意したいですね。

あとついでに書いておきますと、風水を信じる信じないは勝手ですが、仕事が上手く行かないとか、家族の仲が良くないとか家庭内の問題を、家相のせいにしたり風水に原因を求めるってのは、絶対にやってはいけない事だと思うので有りまして、そーゆーのは単なる責任転嫁って事では無いでしょうかね?

兎に角、どんな業界でも中には悪徳業者って言われる企業が存在したりするのですから、風水とか家相が原因で不安を抱えているって状態は、良い鴨になりやすい状態でも有るのですから、心を強く持って悪徳業者に騙されないようにしたいですね。

追伸
個人的には風水よりも間取りが簡単に変更できる住宅が良いのでは無いかって思いますね、子供も大きくなって家から出て行ったり、反対に子供が生まれて家族が増えたり家族構成なんてのは時とともに変化するのですから、そちらの対応のほうが有り難いのですよね。