高気密住宅

日本は南北に長い地形でひとまとめに気候環境を論じる事は出来ないのですが、基本的に温帯地帯に分類されて四方を海に囲まれている日本は高温多湿なのでありますが、その高温多湿の地域で高気密を売り物にする住宅が売り出されているのは、高断熱で光熱費(冷暖房費)が節約出来るからと踏んでいるのですが、実際に高気密、高断熱住宅は住む人に優しいのかについて自分なりに考えて見ようと思います。

で最初に書いておきたいのは高気密住宅にも大雑把に分けて二種類有るらしく、高気密と言っても空気が澱まないように、強制的に換気を行っているエライ高気密住宅と、もう一つは兎に角この上は高気密住宅なのだから、空気の出入りだって許さないんだからって感じで密封状態にしてしまう良くない高気密住宅のに分かれるようで有りますね。(換気が充分では無い高気密住宅はそれは悲惨な状態になってしまうようですから)

ですから高気密・高断熱住宅を選ぶ際には換気に気を配っているかどうかを確認する必要が有るのですが、これから新築で建築するのであれば24時間換気は法律で義務化されていますので、一安心って所だと思いますが、中古住宅の場合は専門家に見て貰うなり確認が必要でしょうね。

ただ良く言われる高気密住宅の問題として結露対策の為に換気が絶対必要って事なのですが、強制的に換気してまで高気密高断熱住宅にするのもどうかなって思いますけどね。

でね、確かに高気密・高断熱住宅にすれば少しの光熱費で冬暖かく・夏涼しい生活を手に入れる事が出来るかもしれませんが、暑さ寒さに弱い日本人をそんなに増やしてどーするんだって言いたいですね。

私は思うのですが日本は寒い冬があって春がやってきて暑い夏があって収穫の秋があるって素晴らしい気候の変化を楽しめて、寒い冬や暑い夏に耐える事が出来る体が作られてきたのだと思いますが、何と言いますか暑さも寒さも余りに感じさせなくしていれば、日本人の体質が変わってしまうのでは無いでしょうかね?

勿論、住宅メーカーはより快適でより健康的な住宅を供給致しませんと、メーカーとして生き残っていけなくなるってのは、競争の原理で充分に分かるのではありますが、どうもひ弱な日本人がどんどん増えてしまうって事も頭に浮かんでしまうのでありまして、難しいので有りますね。

何と言いますか、高気密高断熱住宅の良さである、光熱費の節約と四季の移り変わりを肌で感じる事が出来る住宅の両立ってのは難しいのでしょうね。