地震対策

昔から地震・雷・火事・親父なんて事を言いますが四番目の親父は既に脱落していますが怖い物の一番目に君臨致します地震と住宅建築とか地震対策の事などを今回は書いてみようと思います。

まず日本は地震の巣の上に乗っかって居るような物で有りまして、建築物の地震対策技術は世界一と言い切ってしまって問題ないと思いますが、それでも地震に強い家って事を宣伝文句にする住宅販売会社や工務店が沢山有りますので、まだまだ住宅の耐震技術に関しては改善の余地が有るのだと思いますが、思うに建物を丈夫にして地震で倒れないようにするとか、揺れを吸収してしまう免震構造とか、地震で倒壊してもお湯をかければ元通り・・なんてのは未だでしたが、まあ兎に角地震が来ても倒壊しないようにって事だけに重点が置かれているのですが、これからちょっと違う角度から私の意見を書いて見ようと思います。

えっと手元にしっかりした資料が無いのですが、たしか地震の被害それも人体に与える被害ってのは建物が倒壊して人を押し潰すよりも圧倒的に家に配置した家具とかテレビとかが地震の揺れで倒れてきて、人に当たったり押しつぶしたりするのですが、何と言いますか家を建てる工務店やハウスメーカーとすれば、家を倒れないように建ててしまえば、地震で家具が倒れようとテレビがタンスの上から落ちてこようと、そんな事はしっちゃこっちゃ無くて、関係ないよって感じなんですよね。

でね、地震の時に家具が倒れないようにするのは、家の壁とか柱にボルトやネジなどで固定しちゃうのが一番確実な方法なのですが、そこまで内装を考えていないので有りまして、まさか新築の家に何の躊躇もなく金具を使って家具と家の壁をネジを使って固定しちゃう人は少ないと思うので有りまして、なんか考えて欲しいですよね。

例えば所々に家具の固定用にボルトの穴が空いているとか、ネジを使って家具を壁に固定しても後で修復がし易いような構造にしておくとか、そーゆー所まで気を遣いませんと、地震に強い家って言って家が倒壊しなくても中の家具が倒れまくって人間に襲いかかって来てしまうのであれば、地震の被害が軽減される事にならないのですよね。

ですから作り付けの家具を沢山用意しておいて家具を殆ど購入しなくても良いようにするか、もしくは壁に直接家具を固定しやすいように手を打っておくかのどちらかなのですよね。

追伸
とはいえ、家具のほうもボルトやネジで固定する事まで考えて作ってあるのは皆無に近いので有りまして、住宅か家具かどちらかが地震対策を考えて、壁に直接固定しやすいようにすれば、もう片方も合わせて来ると思いますけどね。