マンションの崩壊

先日、NHKの特集でマンションの崩壊について放送していましたが、これは地震などで一気に物理的に崩壊してしまうわけでは無く、住む人が徐々に減ってきたり管理費を払わない住民が増えて来たマンションにおいて、資産価値の維持に必要なメンテナンスが出来なくなってしまい、荒れ放題になりましてそれが更なる入居者の退出を促進する悪循環に陥ったマンションが地方都市を中心に急増しているのだそうで、そーゆーマンションは五百万円以下の販売価格で売り出しても、全然買い手が付かないそうですね。

まあ聞くところによると、新築売り出し段階で管理費を適正に設定すると月2万円以上になってしまう事が当たり前の話で(総世帯数や構造によって違いが有りますが)、しかし毎月の管理費が高いと購入を敬遠する人が多くなってしまう為に、かなり切り詰めたぎりぎりの管理費用に設定している場合が多いので、空き家が増えてしまったり管理費を滞納する世帯が出てきますと、直ぐに維持管理に支障が出てしまうようで有りまして、景気が悪い割に新築のマンションは結構建設されているようですから、今後も老朽化した崩壊マンションは増加するでしょうね?

でね、多くの人の場合、マンションを購入するのは30代前半とか働き盛りに思い切って住宅ローンを組んでって感じで、全額を現金で購入できる人は少ないと思いますのでやっと定年退職の年齢近くになってローンの支払いが完了する人も少なくないと思いますが、住宅ローンの支払いが完了する頃にマンションのほうも、老朽化が進んで廃墟に向かって歩を進めているか、多額の費用を負担して大規模な改修工事をする必要が有るかって、いずれにせよ有り難くない状態になっている可能性も少なくないのですよね?

とはいえ、20年後の事など誰も想像できませんし、大手建設会社やゼネコンの名前で売り出しているマンションだって実際には下請けに全て出していたり、販売後の管理は住民と管理組合と管理会社の問題って事で、だれも助けてくれないのですから、一戸建てに比べて住民全員が多くを共有している分だけ、解決が難しいのでしょうね。

私自身が崩壊マンションの解決策ってのは頭に浮かばないのですが、どうもマンション業界が土地を確保して建設して販売するで思考が止まっているのが問題なのでありまして、業界全体で建築したマンションの資産価値の維持や流動化、それに保証や保険など色々な事を考えて改善していきませんと、マンション不況は終わりがない状態になってしまうのでは無いでしょうか?