二世帯住宅とは

今回のコラムでは二世帯住宅につきまして思うところを書いて見ますが、一言で二世帯住宅と言っても違いが有るので有りまして、十把一絡げで書く事は出来ないので有りますね。

税金の事はひとまず脇に置いておきますが、一応玄関は二つあって二世帯住宅っぽい造りであっても、中身はなんだか同居と変わらないような物だったり、反対に二世帯住宅と言ってもキッチンやトイレ洗面所にバスルームなどが完全に分離していて、お互いに一切顔を合わせなくても生きていける単に2つの世帯が同じ敷地にくっついて建っているだけであったり、その中間であったり、その辺りは建てる施主さんのライフスタイルや考え方や予算によって大きな違いが出てくるのでしょうね?

ですからライフスタイルとか親子間の絆の深さとか予算を考慮致しませんと、仲が悪いのに予算の関係上で同居に近い形の二世帯住宅にしてしまいますと普段から諍いが増えてしまいますし、逆に完全に別世帯のような二世帯住宅を建てて予算が膨らんでしまって住宅ローンの支払いが多額になってしまったり、風呂とかキッチンを別々にしたお陰で、居住部分のスペースが少なくなってしまったり、中々難しいので有ります。

難しいついでに書きますと、共有とか専有とか登記と税金の関係も専門家に良く相談しないと後々面倒な事になってしまいますし、それとここで書くのもどうかとは思いますが、子供も大人になって元気だった人も徐々に年を取って最後には黄泉の国へ旅立ってしまうのは、嫌だと言ってもアンチエイジングに精を出そうと無理な相談ですから、その辺りもよーく考えて二世帯住宅を建てませんと、親の世代が旅立った後に子供の世帯だけが二世帯住宅に住んでいるのも変ですし、片方だけを売却ってのも難しいですからね。

追伸
二世帯住宅ってのは予算とか間取りとかの問題以前に、嫁と姑の関係とか場合によっては遺産とか介護とか色々なややこし問題が絡んでくる場合も多いのでありまして、人それぞれの世界で簡単に書いたり解決したり出来る問題では無いのですよね。
その昔の古き良き時代と思われていた頃は、長男は親と同居して家を継いで両親の面倒を見るって形はとっくの崩れかかっているので有りまして、今後進行が加速してきます少子化の影響が更に強くなってきますと、親子間の関係と住居の問題はどうなって来るのでしょうかね?

なにせ人間の感情が絡む領域ですから、想像もつかないので有ります。