欠陥住宅への対応方法

今回のコラムは欠陥住宅について勝手な意見を書かせて頂こうと思いますが、とある人に聞いた話では建築して引き渡ししてから1年以内に発覚するような露骨な欠陥住宅を建築しているのは欠陥住宅のプロ?とは言えないので有りまして、巧みな住宅建築業者になりますと引き渡してから最低5年は欠陥が発覚しないような最低限の?品質を保ちますが兎に角、見えないところやすぐに気が付かない場所では徹底的に手を抜くのでありまして、例えば防音とか保温性に関係してきますグラスウールのような部材は、あとから絶対に気が付きませんし、設計図にも細かく決められて居ませんから、徹底的にケチりますし、土台の材木も安い粗悪な乾燥が不十分で直ぐに白アリが発生してしまうような材木を平気で使ってしまうので有りまして、欠陥住宅として訴えられない範囲で手を抜いてくるわけです。

施主としましては、誰が見ても明らかに欠陥住宅だって施工であれば訴訟に訴えて責任を追及する事が可能ですが巧妙に金物を減らしたり設計図に現れない部分で手を抜いたり、資材を節約されましても途中でチェックのしようがないですし、5年とか10年経ってからガタが出てきて初めて気が付くのですから結局は泣き寝入りするか、そーゆーものだと納得するしか無いのですよね。

つまりその、余程慎重に業者を選びませんと欠陥住宅と高品質住宅の境目に位置する微妙な建築になってしまう可能性は非常に高いのでありまして、多分そーゆー住宅は非常に多いと思いますし、工務店やハウスメーカーが一年間に受注して建築できる建築棟数は大きく変動する事は無いわけですから、出来るだけ利益を出そうと完全に営利主義に走られてしまいますと、建築物毎に出来るだけ手を抜いたり材料を節約して、一棟から 10万円でも20万円でも利益を多く出そうと考える業者が出てきても全く不思議では無いので有りまして、一生に一度か二度の高い買い物の割に欠陥住宅が結構有るわけですから施主としては不幸なお寒い現状なのですよね?

でね、欠陥住宅かなって少しでも感じましたら先ず自分で工務店とかハウスメーカーに交渉やクレームを入れるって手も有りますが、それよりも信頼できる建築士と弁護士を通じて訴訟を前提にクレームを入れたほうが良いと思いますね。

なにせ何年経っても欠陥住宅が一向に無くならないのでありまして、それは行政機関が非常に甘い対応をしているからではないかって思いますが、黙っていても行政は一向に動きませんから、実力行使して上げるしか無いのでして、欠陥住宅の建築が高いものに付く事を建築業者に分からせてあげなくちゃいけないと思うので有ります。