ライフスタイルと住居

家を建てるきっかけの一つに子供が生まれたからとか、子供が大きくなってきて独立した勉強部屋を持たせたいからって場合が少なく無いかと思いますが、どうも色々考えますと同居する家族の数なんてのは変動が激しくて、家を建てても後になって無駄なスペースと固定資産税が発生しているだけって感じもありますよね。

まぁこれは私個人の体験を含めて書いている訳ですが、まあ小学校に上がった子供も十数年で成人式を迎えてしまって、たぶん過半数の場合において30歳になるまでには家を出て行ってしまうのですから、中には住宅ローンを10年以上残して、子供が巣立ってしまって夫婦二人暮らしに逆戻りって場合も少なく無いのでは無いでしょうかね?

それでも日本の木造住宅が建築後50年程度経過しても資産価値が十分に残っているのでしたら全く問題はないと思うのですが、多くの日本の木造住宅では築後20年も経たないうちに査定金額は限り無くゼロに近づいてしまいますし、新築で建ててから30年も経ってしまうと土地だけのほうが売却価格が高くなるなんてのが実情ですから、資産形成が出来るとか安易に考えてローンを組んでまで住宅を建てるってのも考え物かも知れないですよね。

まぁその辺りを住宅を販売する不動産会社の営業マンが気を回してしまいますと家が売れなくなりますから、そーゆー話題には一切触れないで家族構成が増えることと子供が大きくなることしか言わないと思いますけど、結構子供なんて素早く成長してあっけなく家を後にしたりしてしまうのですよね。

ですから個人的な意見として、日本の木造住宅の耐久性が上がって中古住宅の価格や流通性が良くならない限り、住宅ローンを組んでまで家を買うのは良く考えたほうが良いと思いますし、ハウスメーカーも資産価値が落ちないような建築物と流通形態を考えたほうが良いのでは無いでしょうかね?

まぁ同様に賃貸住宅に関しても、基本的に独身から小家族向けが圧倒的に多くて、大家族が生活するのに適した賃貸住宅が少ないってのも、改善の余地が有ると思いますね。

追伸
何だか日本は所帯を持ってマイホームを建てて初めて一人前の男と見なすなんて、わけの分からない考えが一部には流れているようですが、住宅ローンを支払うために働いている状況ってもおかしな気が致しますし、ちょっとした経済状況の変化によって、ボーナス払いのお金の工面に困ってしまって、最終的に自己破産に辿り着いてしまう何て人が増えているのもおかしい気がしますよね。