敷金・礼金の問題

あなたが、現在アパートとか賃貸マンションに住んでいて、手狭になったからと新しいアパートや賃貸マンションを探そうとすると出てくるのが敷金と礼金の問 題である。

一部地域、九州の方では礼金の風習が無いと聞いたことが有りますが、私の住んでいる千葉県や、事務所のある東京など関東圏では、アパー トやマンションを新たに借りる場合、セットで敷金と礼金が、まず殆どの場合ついてくるのである。

礼金の風習のない地方から出てきた人や、社会人になって初めてアパートを借りようとする新社会人など、とくにこれからお金を稼ぐ新社会 人なんかは、この敷金と礼金はかなりの負担になるでしょうね?

敷金はわかるんですよ敷金は、退去するときに部屋の中を元に戻したり、掃除をしたり襖を張り替えたりする費用を前もって預かって貰う意 味合いとか、万が一家賃を滞納した場合にの補償金の意味でしょうから、こちらはじゅうぶん納得が出来る。

で礼金が解りません、大家さんに対して部屋を貸してくれたお礼としての金額だから礼金って名前が付いているのでしょうが、何で毎月お金 を払って借りる側が、お礼として家賃の一ヶ月分とか二ヶ月分のお金を払わなきゃいけないんでしょうかね?

昔からの慣例としての風習が今も残っているのだと思いますか、気に入った部屋があったら当たり前のように払ってしまっているのが現状 じゃ無いかとは思うのですが、独身のうちなんか年に何回か気分転換にアパートを気軽に引っ越せるような、賃貸市場になってくれば、引っ越しを機に新しく カーテンを新調するとか、目覚まし時計をかうとか、景気回復にちょっとは役に立たないでしょうかね?

追伸

最近、大手チェーンの賃貸物件専門店で、敷金ゼロ、礼金ゼロの物件が増えてきているようですんで、近い将来、アパートや賃貸マンション を借りる場合、敷金も礼金も無料が当たり前になるのでしょうか?

そもその礼金なんてのは大家の力が強くて住まわせても貰うって時代の名残でしかないのでして、お客が礼金を払う慣習は早急にな くすべきで、逆に大家のほうから入居者に礼金を出しても良いくらい・・は言い過ぎか?

少子化も進んでいますからあと10年も経てば日本中の礼金の慣習がなくなっていても不思議ではないですよね。

だって誰が考えても今の時代で礼金ってのはおかしなシステムですからね。

裁判で礼金の返還する判決が出た事例も有るようですから。