地震に弱い家

家を買うならひろびろとした間取りで、窓は大きくて余計な壁が無くて住みやすさを最優先にって事になる場合が多いのだろと思いますけど、今回のコラムでは地震に弱い家について考えてみたいと思います。

さてその昔に私が建築CADを開発しているメーカーに勤務しているときに聞いた話では、木造住宅の場合は地震に強いとか弱いってのに柱の太ささは余り関係が無くて、壁が多くて中に筋交いが沢山入っているかどうかが重要だったと思います。

それとどうも日本の住宅の場合に耐震性能ってのは建物本体のみについて考えられているような気がするのですけど、あれって軟弱地盤のすぐに液状化現象が発生してしまうような地盤の上でしたらいくら丈夫な家ですとか、耐震構造とか免震構造だって威張ってみても、構造物が立っている地盤が崩壊してしまったら何の意味も無くなってしまうのでは無いでしょうかね?

ですので思うにまず地震に弱い家を考える場合は先ずは建築する地盤の強さを勘案致しましてそれから次に家の構造って考え方が正しいような気がしますけど、なんだかその辺りをすっ飛ばしまして家の構造ににも注意が行っているような気がしませんか?

まぁけど地盤の事を言い出しましたらどうやら心配な地域が日本中には結構多いようですし、家が売れなくなっても困るので・・ってどうもよろしくない気が致しませんか?

素人考えですけど、日本には建築基準法なる基準が法律で定められておりまして、窓が多くて壁が少なくても一応は耐震基準を満たしていれば安心ってことなので有りますけど、地盤については明確な基準が確か有りませんから、何だか片手落ちのような気が致します。

だって耐震構造とか免震構造の家や建物を宣伝するコマーシャルを見た限りの話ですけど、あくまで土台部分から下は揺れるだけで傾いたり地割したりましてや液状化しちゃうようなことは想定していない状態で、土台から上の建物の安全が保たれているって感じにしか見えなかったのですよね?

そんなわけで本当に地震に弱い家をお探しでしたら、まず建造物はさておきまして地盤調査から始めた方が良いのでは無いでしょうかね?

追伸

建築基準法の関係で無理だろうと思いますけど、ドーム球場のような丸いドーム型の家でしたら相当地震には強そうですよね?

まぁ家が丸くて家具が四角いわけですから色々と不都合は出るでしょうし、日本の住宅地はとても価格が高いですから、無駄なスペースが生まれやすいそんな形は採用されないのでしょうけどね。