バリアフリー住宅

私がまだ建築CADの営業マンだった頃に確かバリアフリー住宅って言葉とか設計が出てきたと思いますけど、バリアフリーとはつまりバリア(障害や障壁)が無い住宅だよって事でお年寄りや障害者が住みやすい住宅って事ですよね?

まぁ確か昔聞いた話では家の中で転倒したりして怪我をする事が結構多いと思いましたし、高齢者や障害者の方が住みにくい家ってのは快適じゃ無いですからね?

まぁそんなわけで高齢者ですとか障害者の方向けにバリアフリーな住宅がどんどん供給されることは喜ばしいことだと思うのですけど・・。

あのですね、批判を承知で書きますけど子供に関して言えばバリアフリー住宅なんかよりも少々段差が有ったり不便で少々でしたら危険なところが残っていた方が良いのでは無いでしょうか?

例えばね、玄関の入口に敷居ってのがありましてコレは、バリアフリーな設計から言えば障害となるかなり立派な段差なんですけど、敷居をまたぐってのはそれはそれで意味の有ることですし、子供の頃に敷居を踏みつけるとおこられたりしたものですけど、あーゆー段差が有るってのは幼少児にそーゆー障害に対応する能力を身につけるのに必要な事じゃないでしょうかね?

別にどこかで調査した結果があるわけじゃないですけど、家の中に全然段差が無くて、廊下は広くてゆったりしていて階段が穏やかで蹴上の高さが低くてまでは許せると致しまして、家全体の空調設備を整えて部屋と廊下と他の部屋の温度差を無くすなんて家に住んでいて成長した子供は、個人的な推測ですけどひ弱になるだけのような気がしませんか?

まぁ部屋の温度差によりヒートショックになってしまうなんてのはご高齢になられてからは気を付け無くてはいけないと思いますけど、成長期まではそーゆー環境に慣れさせておかないと、社会に出てからどんな生活が待ち受けているのか分からないですからね?

そんなわけであくまで私個人の考え方ですけど家族構成や年齢によっては将来の事まで考えましてバリアフリー住宅を検討されるのは非常に良いことだとは思いますけど、まだ居住する人が全員若くて子供もこれからなんて場合は、何だかバリアフリーな住宅が子供をひ弱にしてしますような気がするので有りますね。

追伸
玄関が特にそうなのですけどバリアフリー住宅になりまして敷居が段差の無いのって何だか日本の伝統文化が無くなってしまうような気がしませんか?

良くは知りませんけどやっぱり段差が有るってのはそれはそれで意味が有ることなのでは無いでしょうかね?