地図から不動産検索

一体どこからその力が湧いてくるのか不明ですが、Googleが地図検索に今度は不動産物件検索を搭載したことが話題になってますね。

操作性ですとか機能なんてものは実際に試してみて頂ければ良いかと思いますが、今回のコラムでは不動産業界とWebサイトについて考えてみたいと思います。

さて不動産業界におきまして不動産会社さんがホームページを公開するのは他の業種と比べて遅くはなく、比較的早い段階でホームページを公開した会社ではそれなりに自社のホームページからの問い合わせが有ったと思います。

中小の不動産会社もほぼホームページを公開するようになりまして、不動産ポータルサイトと呼ばれるサイトが出現してきました。

実名をあげるとホームズですとかイサイズになるわけですけど、加盟する不動産業者から物件情報を集めることによって大量の物件を一度に探し出すことが可能になって、徐々に不動産物件を探す人は一軒一軒の不動産会社のホームページを閲覧するよりもポータルサイトで物件を探すことが多くなってきました。

でまぁ個人的には3つくらいの不動産ポータルサイトに収束して多くの物件掲載件数が集められない中小の不動産ポータルサイトは脱落していくと予想していたのですが、此処に来ましてGoogleが地図検索に不動産物件検索機能を搭載してきまして、こりゃもしかしたら黒船来襲になるかもしれません。

少し調べた限りではGoogleマップ(地図)に物件情報を掲載するのは不動産業者であれば無料で掲載できるのだそうで、業者にとっては有り難いでしょうしなにせGoogleの知名度で日本一物件情報が掲載されていましたら、一般ユーザーもそちらに流れてしまいますからね?

で不動産業者も無料で掲載できて一般ユーザーも地図から大量の物件情報を閲覧できてめでたしめでたし、になるのかそれともあらゆる情報はGoogleの手中に収まってしまいまして問題なのかよく分かりませんけどね。

ただ思うに不動産業界ってのは広告宣伝費が非常にかかる業界で折り込みチラシですとか賃貸物件であってもそれなりに広告宣伝費をかけないと、中々人の目に届かないので業界は随分と広告宣伝に資金を注ぎ込みまして、それが回りまわって消費者の負担になっている面があると思います。

今回のGoogleマップへの不動産検索機能の追加がその辺りを緩和してくれまして、不動産物件流通の潤滑材になってくれれば良いのですけどね?