水虫と革靴の問題

高温多湿で靴をはいて靴下を履いて生活する日本で、水虫は勢力を保ち続けているのですが、今回は水虫と靴について書いてみようと思います。

仕事用の革靴とか、ブーツ(ブーツって日本語では長靴ですよね)は、水虫たちにとっては非常に嬉しい場所なのであります。

年に何回かは靴売り場に行きますが、水虫対策ブーツとか水虫の方用ビジネスシューズとかのポップを見たことが無いのであります。
確かに、靴屋さんでも水虫用の靴を並べておいて試着してもらうわけにはいかないですし、水虫用の靴を手にとってレジにいくのは勇気がいるのかもしれませんで。

確かに、ソフトな表現で抗菌シューズとか通気性抜群とかの表現でビジネスシューズは並んでいますが、ズバリ水虫のあなたにこの靴を!てな表現は見かけることは無いですね?

通信販売では水虫対策の靴は販売されているようですが、もっと市中の靴屋さんで水虫を前面に出した靴は並べないのでしょうかね?
追伸
日本は高温多湿で生活の西洋化が始まる以前から水虫は存在していましたし、歴史の本をみますと大根で水虫の治療を行った記述などがありますが、靴が一般に履物として普及してから一気に水虫も一緒に普及しましたよね。

湿度の低い国では家の中でも靴を履いて生活していても全然平気なのですが、日本の場合ですと外へ出かける時だけ、靴を履いても直ぐに蒸れて、水虫が発せしてしまうんですよね。

追伸

おおぴらに水虫対策にって事では有りませんが、ビジネスの世界にもビジネススニーカーって名前で通気性の良い、スニーカーが流行り始めているようですね?

私が思うには蒸れる革靴を履いて水虫に悩むよりも、風通しの良いスニーカーで歩き回ったほうが快適ですし、別に仕事には革靴でってこだわる必要もないと思うのですよね?