水虫は人前で堂々と話せれば無くなる

日本で水虫が減るどころか、水虫たちが勢力を増しているのは水虫にかかった人が人前で堂々と
「俺、水虫になっちゃってさ~」って話せないところが大きいのではないかと思っています。

風邪を引いたら、風邪引いちゃって・・・とか、別に人前で話をしても全然平気な人が大部分なのですが、水虫の場合、先ず人前では話が出来ませんよね?

これが問題なのではないかと思います。

水虫を直すには、清潔にして根気良く水虫薬を塗ることしかないのですが、会社員など勤め人の場合は日中の仕事中は靴下を脱いで足を拭いたり洗ったりして水虫薬を塗るには周りの目が有りますから、これが出来ないわけです。

確かに、今の日本で自分が水虫だと告白したら、もしかして自分の周り5メーターに人がいなくなってします事はないかも知れませんが、冷たい視線を感じてしまうかもしれませんからね?

日本から水虫を減らして行くためには、隠れ水虫の方たちが堂々と水虫治療が出来る環境が第一なのではないでしょうか?

追伸
ただまあ水虫は感染しますし、一緒に生活するともなりますとかなり、敬遠されますし、社員旅行あたりでも一緒に大浴場に入ってもらうのは遠慮ですし、スリッパは専用のやつをつかって貰わないと、水虫が感染してしまうので困るので有りますね。

そうなると
やっぱり人前で話ができないので有りまして、難しい処なのであります。

本当は一日に何度か足を洗って水虫薬を足に塗ってついでに靴下も交換して貰ったほうが、ちゃんと治るのですが、未だかつてそんな事をしている人はお目にかかった事はないので有ります。