水虫治療とお酢の関係

数ある水虫の民間療法の中でも、お酢を使った水虫治療は相当広く知れ渡っているような気がします。

お酢を使った水虫治療は、一般に料理に使ったり餃子を食べるときに餃子につけるお酢でよいらしく、お酢といっても、なんとかサワーではなくて普通のお酢でOKだそうです。

後用意するのは
足を漬ける洗面器とぬるま湯で準備完了なのだそうで
洗面器にぬるま湯とお酢を入れて足を浸しておくだけなのだそうだ。

広く知れ渡っていますので、このお酢を使った民間療法で直った人がいて、定着しているのだろうとは思いますが、お酢のビンのラベルに水虫の事は一切書いていませんし、あくまで民間療法の域は出ていないのが現状ですね。

まあ水虫感染の初期段階なら効くかもしれませんが、掻き毟った状態ですと、痛そうですし、なんだか酸っぱい酢の匂いが足に染みつきそうですからね?

それに試した事はありませんが、とても足の皮膚がふやけそうな気が致します。

感想としてはお酢は飲んでも体に良い食べ物ですので、足にお酢がついても大丈夫なような気がしますが、病院に行った方が良いでしょうね。

水虫の治療とは言え、食べ物を粗末にするのはどうかと思いますしね。

追伸
水虫の民間治療に関しては他にも有りまして、大根おろしに足を浸すとか、日本茶のお茶っぱを足に巻きつけるとか有るようですが、まあどれもある程度の殺菌力があるので効果がありそうですが、食べ物を使うよりもちゃんとした治療をしたほうが良いでしょうね?
まあ人によっては薬屋で水虫の治療薬を買うのも恥ずかしいって人もいますからね。