水虫用5本指の靴下

水虫になった人用に足の指に合わせて足の指一本一本がはいる五本指の靴下が販売されていますね。
実は、実はでもないのですが5本指の靴下は昔から販売されていまして、それは水虫用ではなくて、工事現場用の軍足って呼ばれている靴下です。

軍足(地下足袋用) 12足セット 親指とその他の指が分かれているタイプ

軍手に使っているのと同じような素材で出来ている靴下でして、通気性も良いのですがさすがに普通のサラリーマンやOLの方は軍足は履きませんね?

話は水虫用の五本指の靴下に戻りますが、やはり人前で靴を脱げないことが最大の弱点になりますね?

五本指の靴下を人に見せる=自分が水虫であることを公言している
の図式が成り立ってしまうからなのであります。

どこかで、五本指なのに外から分からないシークレット五本指靴下でも出てこないでしょうか?

まあそれよりも、素足に下駄や雪駄でも履いた状態が一番通気が良くて水虫治療には一番良いと思いますが、今の社会では靴を履いて生活する事が前提なんですよね。

追伸

実は私も最近になって存在を知ったのですが白癬菌に対して有効な銀繊維を織り込んだ水虫用靴下が売れているそうです。

参考までに 水虫用靴下ミューファン(楽天市場へジャンプします) 一足5~500円くらいですが指先だけの安いタイプを私は購入しました。

追伸2

最近はあまり五本指の靴下は見かけませんが、やはり私は水虫に感染してますって公言してしているようなものですから、あまり売れなかったのでしょうか?

もちろん、未だに販売はされているようですが、ひっそりとって感じですよね?

ただ私が思うには日本人に隠れ水虫持ちってのは沢山いまして、何かの拍子ですぐに感染してしまうわけですから、五本指の靴下が普通になって、手を洗う習慣と同じように足を洗う習慣が出ませんと、水虫は無くならないのではないでしょうか?

その昔、江戸時代の旅館は到着するとまずは、入口で足を桶に入った水で洗う習慣があったと聞きますが、日本旅館のスリッパで水虫に感染する人が多いのですから、旅館に到着したらまず足を洗ってから、清潔な靴下をはいてスリッパを履く習慣が定着しても良いのではないでしょうか?