足の臭いと水虫の関係

基本的には足の臭いと水虫は関係がないのでが、臭いってのは水分がないと匂わないのでありまして、更に足を不潔にしていますと雑菌が繁殖した結果で悪臭が発散しますので、足がくさい方は水虫に感染している可能性は非常に高く、たとえまだ水虫に感染していなくても、予備軍と言いますかイエローカード状態だと言っても良いのではないでしょうか?

余談ですが、来客をお迎え致しまして靴をぬいだ途端に強烈な足の臭いを発散されましたら、家には上がって欲しくないですし、水虫持ちである可能性が高い訳ですから、家の中の捨ててもかまわない一番粗末なスリッパを履いて貰って、帰ったら素早く焼却処分するのが、普通の人の対応だと思いますが、畳の引いてある和室の場合では、本当は古新聞でも敷いてそこに座って欲しいところですが、中々そうも行きませんので、座布団をお客さんが帰った後に、日光浴させるのですよね。

まあ足の臭いが強烈な人は、たとえ水虫になっていなくとも、靴をぬいだ瞬間に周りに人間が警戒信号を発しまして引く事になりますので、靴を毎日取り替えて、出来れば殺菌機能付きのシューズドライヤーや乾燥機でも購入して清潔を心がけた方が良いのではないでしょうか?

但し、妙なデオドラント商品ですとか、スプレーなんかを使用しますと臭いが消えましても水虫の繁殖に適した状態を自ら作ってしまう事になりますので、基本は乾燥と清潔でしょうね?

しかしまあ個人差が大きいのが足の臭いなので有りまして、臭いがキツイ人は素足のサンダル履きであっても、何故か足が匂ってくるのでありまして、お悩みの人は多いのではないでしょうかね。

桐の下駄を履いていても一日に何度か足を洗わないと、直ぐに匂ってくる人も少なくないと思います。

追伸
まあ足の状態がサラサラしていて全然匂わない人は、水虫とは無縁の生活で有る可能性が高いのでありますが、日本民族の場合は脂足って言われる、油分が多い汗が足に出てくる人が多いのでありまして、中々難しい問題なのであります。

それでなくても日本は高温多湿の気候風土を持っている国なのでありまして、更に気候変動が進んで亜熱帯地方になるって噂もありますので、水虫一族にとっては住みやすい環境になってきてしまうのであります。

でわ、私も今から足を石鹸で洗ってこようと思います、勿論、指の間も丁寧に洗いますよ。

別に水虫に感染していなくても気持ちいいですからね。