水虫の写真

町を歩いていてふと薬屋さんの前を通り過ぎようとしたら、水虫の写真、正確に書きますと水虫で爛れた足の写真に目を奪われて釘付けになってしまった事は無いでしょうか?今回のコラムでは水虫(に感染した足)の写真について思うところを書いてみようと思います。

しかしまあ、水虫に感染した足の写真は何ともグロテスクな状態なので有りまして、少なくとも食事前とか食事中には見たくないものでありまして、食べ物屋さんの前に薬局があって、水虫(に感染した足)の写真を店の前に掲示したら間違いなく、向かいのおそば屋さんからクレームが来るでしょうね?

でね、あーゆー写真は見る人を不快にさせますので、条例で禁止すべきでは無いかなって思うのですよ。

私が思うには、わざわざ水虫に感染した足の写真を見せなくても、既に感染した人は自分の足を見てどんな状態になるのか理解している訳ですから、逆に綺麗に完治した美脚の写真でも水虫薬の広告でも作成した方が、見る人を不快にさせませんし、かえってそのほうが売れるのでは無いでしょうかね?

だってダイエットの広告でも化粧品の広告写真でも薬屋さんによく目立つ広告ポスターはみんな、綺麗な使用後の写真を使っているのでありまして、わざわざ水虫用にあの、感染したグロテスクな写真を使用する事は無いと思いますね?

通常、広告宣伝の基本は目に止めて貰って、興味を引いて内容を記憶して貰うって事で有りまして、確かにあの水虫(に感染した足)の写真は一瞬で目に焼き付いて、インパクトは有ると思いますが、水虫に感染した人で有ってもさっさと目を逸らしてしまうと思うのですよね?

それでも、あんな水虫(に感染した足)の写真を使った広告ポスターの方が効果が有るのでしょうかね?

ついでにもう少し書きますと、あの薬局で見かける水虫に感染した足の写真ですが、誰がどう考えてもあの状態まで行ってしまいますと、歩く事も太変でしょうし薬局で販売しているような治療薬ではなく、さっさと皮膚科のある病院に直行する状態なのでは無いでしょうか?

実は私も目を逸らしてしまってよく見ていないのですが、ここまで症状が進んでしまう前に当薬局で水虫治療薬をお求め下さい、ここまで症状が進んでしまうと市販の水虫治療薬では治らないですよって書かないと、いけないような気がするので有ります。

追伸
最近は小さい薬局の数が減ってきたのか、あの手の水虫(に感染した足)の写真を目にする事も少なくなってきましたね?