塗るだけで水虫が治る

あれだけ毎年、水虫治療の市販薬が販売されているのに、全然水虫患者は減らないようなので有りまして、個人的な意見としてはさっさと専門の皮膚科に行くのが一番安全確実でしかも健康保険が使えますので、安く治療が出来ると思うのですが、中々人前で話せないとか、病院に行く暇がない、又は行きたくないなどで民間の治療薬で治療を試みる人も多いらしく、更に薬局に行って水虫の治療薬を買うのも恥ずかしいって事で、インターネット上では実に様々な水虫治療薬が販売されていますね?

でね、笑ってしまうのは”塗るだけで水虫が治る”ってキャッチコピーが実に多いのですが、これって塗り薬の場合は当たり前ではないでしょうか?

塗った後には患部を良くマッサージしてってのは、発毛養毛剤ですがそれ以外には、軟膏の類では全てが塗るだけでって事になると思うのですが、塗り薬だけど塗るだけでは治りませんよって水虫薬が何処かにあるのでしょうか?

さて本題に入ります。

実は今回のコラムで一案書きたい事は、水虫に感染してしまいますと人には話せませんし、そうなると近所の薬局でも水虫治療薬を購入する事が憚られる関係上、インターネットでの通信販売が盛況を極めているようですが、中には効果が無い物や、薬事法により大衆薬の認可を受けていない水虫治療薬などが出てきやすい下地は充分に有りますので注意が必要でしょうね?

勝手に個人的に水虫治療の優先順位を書きますと、病院(皮膚科のある専門医院)>ちゃんと認可を受けた大衆薬>よく分からない会社の水虫治療薬

水虫治療には病院に行くのが一番だと最初に書きましたが、水虫治療の薬は毎年新しい患者が発生する市場で、元々リピーターを考えていないと思いますので、販売した後に効果が出なくても・・・はい関係ない場合も有ると思います。

もう少しかみ砕いて書きますと、

・販売している水虫治療薬が効果が有ってしばらく使っていれば治ってしまう→完治する訳ですからリピーターにはならない
・販売している水虫治療薬が本当は効果が無くて治らない→効果が出なければ別の物に切り替えてしまう。

って事になりまして、リピーターが考えられない市場ではないかと思いますね。
ですから、各大手メーカーは毎年新商品を投入する場合が多いのだと思いますがね。

追伸
通信販売で水虫治療薬を購入する前に、大手製薬メーカー以外の場合は、ちゃんと薬事法にのっとって、許可を受け手販売しているのかどうか必ず確認した方が良いと思いますし、法令表記がないとか連絡先が記載されていないとか、問題の有りそうな業者から購入してはいけないのです。