水虫と足を洗う習慣

高温多湿で相当数の日本人が水虫と一緒に日々暮らしているわけですが、裸足や足袋、下駄や草履の生活から足をしっかりカバーして湿気を籠らせる靴の生活に移行して、なおかつその昔は外から帰って家に上がる前には足を洗う習慣が有ったと思いますが、家に帰ったら先ず足を洗う習慣も無くなってしまいましたよね。

たぶん地方の旅館へ行っても足を洗う為の桶と手ぬぐいを用意してある所は無いと思いますし、たぶんそれが残って居るのは、時代劇の中くらいなのでしょうね?

でね、綺麗な洋服と靴を履いて部屋も掃除機をかけて毎日お風呂に入って髪も体もちゃんと洗って、それから外から帰ったら手を洗ってうがいしてって事は最近の清潔な日本の方ならごく普通に行って居る事だと思いますが、外から帰って一番不潔と思われる場所は手のひらとか、口の中よりもやはり一日中、革靴とかブーツの中で汗で蒸れて雑菌が繁殖した靴の中と足だと思うのですが、外から帰ったら先ず足を洗うって人は水虫持ちの方の中でも半分も居れば良いほうなのではないでしょうか?

※ついでにかきますとアメリカなどでは家にかえって部屋の中でもそのまま靴を履いて生活しているようで、まあ靴下に穴が空いていても人に見られないってメリットはあるかもしれませんが、そんあ状態で足が蒸れないのか、気持ちが悪くないのか、水虫の発生率はどの位なのかとても気になる所です。

私が思うに特に水虫持ちの方に限って言えば、玄関に足洗い場を用意・・出来るかどうかは人それぞれ分かりませんが、外から帰宅したら靴下を脱いで足を洗ってタオルで拭いて乾燥させるって事が、水虫治療の特効薬を探し回るよりよほど効果的な治療になると思いますけどね。

また家族の誰かが運悪く?水虫に感染してしまった時などは、もうちゃんと玄関に水を張った桶とタオルを用意して、水虫感染者は家に帰ったら必ず足を洗って、自分専用のスリッパを履くようにして貰いませんと、家族全員に水虫が広がってしまうのですよね。

追伸
もしかしたら日本中に足をまめに洗う習慣が定着すれば、水虫感染者は激減するでしょうし結構明る未来が待っていると思いますが、基本的に水虫に感染していても表面上はその事を外部には一切知られないようにして極秘情報扱いですから、上辺上は水虫感染している人は殆ど居ない事になってしまっておりますので、足を洗う習慣が定着する方向には進んでいかないので有りますよね。