水虫治療薬の通信販売

このコラムを書いている段階ではまだ状況は流動的で変更の可能性が残っているのですが、薬事法の改正によりまして過半数の大衆薬が通信販売で購入できなくなるのだそうで、それが実行に移されますと水虫治療のスコルバもダマリンもついでに痔の薬もインターネットで通信販売できなくなってしまうので有りまして、近くに薬局がない人はもちろんの事、水虫薬とか痔の薬だとか、どうしても店頭で変えない人が購入できなくなってしまいますし、一般の薬やさんルートで販売をしていないヒサヤ大黒堂さんなどは会社存亡の危機に陥ってしまうのではないでしょうか?

そもそも今回の薬の通信販売の規制に関しては根拠が曖昧なような気がするので有りまして、店頭のように薬剤師の監視が効かないし注意が出来ないってのが建前のようですが、今まで薬局で薬を買う時に何かアドバイスを受けたり注意点の説明をされた事は一回も無いので有りまして、通信販売を禁止にする根拠に納得出来ませんし、逆にインターネットの通信販売のほうが購入者の住所氏名が特定できるわけで、ある意味店頭での販売より安全だと思うのですよね。

※勿論、睡眠薬のような危険を伴う薬を通信販売できなくするような、根拠がはっきりした事で有れば何の問題もなく反対も致しませんが、水虫治療薬の類まで禁止するのは間違っていますね。

まあ私の個人的な推測ですが(多くの人が感じているようですが)ネット販売に押されて売り上げが減少する事を防ごうとする、薬の小売店関係が何らかの働きかけを致しまして、とある事件をきっかけにしまして、消費者保護の名の下にネットでの販売を封じようとしているように感じるのですよね。

ネット上で販売されて居る大衆薬はもう店舗面積によるアイテム数の制限も有りませんので、実店舗と比べてよりどりみどりですし値引率も高い事が多く一定以上の金額になりますと送料無料になって玄関まで配達してくれるわけですから、小売店が驚異に感じるのも理解できますけどね。

追伸
レコード店(今はレコードはなくなってCDになりましたが)やレンタルビデオショップはインターネットの普及によって甚大な被害を受けて売り上げを激減させてしまったようですが、最近ではデータ以外の薬のような物まで実店舗を脅かすような世の中になってきたのでしょうかね?

これがもっと進みますと水虫の治療なんてのはデジカメで水虫の写真を撮影して医者に送信して遠隔地でも専門医の治療やアドバイスを受けられるようになるのでしょうかね?