プールと水虫感染の予防について

えっと公営にしても遊園地併設のプールにしても一応は入り口には入れ墨や泥酔者、感染の恐れのある疾患を持つ人は入場お断りになってはいるのですが、水虫の人を文字通り水際で食い止める事は出来ませんし、中には水虫なのにわざわざ塩素消毒と日光浴をしにくる不届き者のお父さんまで中にはいそうなのですが、プールに入るって事は水着になって裸足で不特定多数の人が歩き回る場所を自分も歩く事になりますので、色々と注意が必要なのでは無いでしょうか?

但し素足に水虫菌(白癬菌)が付着しても即感染する訳では無く6時間から12時間位そのまま付着していないと、白癬菌は感染成功しないと言われている(誰か見たのか知りませんが)らしいので、水虫に感染する事を恐れてプールに行かないって行動を取る必要は無いと思いますよ。

しかしですね、帰ると時にプールから上がって途中でシャワーを浴びましても更衣室の自分のロッカーに行くまでは基本的に裸足ですから、水虫感染者が歩いた後を踏んでしまいますと、待ち構えていた白癬菌が自分の足に付着致しまして、そのまま靴下を履いて帰宅致しまして、今日はプールに入って最後はシャワーで良く流したからお風呂は良いやって事で、そのまま布団に入って寝てしまいますと、白癬菌はまんまと感染に成功する事になりますから、プールから家に帰って疲れていても入浴した方が良いでしょうし、履き物も考えたほうが良いのでは無いでしょうかね?

まあ日本人は高温多湿で水虫が繁殖しやすい気候の割に足洗の習慣が、生活の西洋化と共に薄れてしまいましたので、プールでの水虫感染には関係なく足を洗う習慣がもっと定着しても良いのかもしれないでしょうね。

それと気になる人であれば、消毒用のアルコールなどを持参致しまして、プールから上がって最後に靴下を履く時にアルコールで消毒してから靴下を履くとか、裸足のままサンダルで帰って家に付いたら足を洗って家に上がって直ぐに風呂に入るとか自己防衛したほうが良いかもしれないですね。

感染力の強い新型水虫なども発生しているようですからね。

追伸
しっかしよーく冷静に考えますと、余所の水虫だのインキンたむしに感染したお父さんと同じプールに入って顔まで付けて目を開けるなんて事は、塩素でちゃんと消毒されているとはいえ、気にし出してしまいますと、プールに入る事に対して引いてしまう人も少なく無いのでは無いでしょうかね?