水虫に木酢液は大丈夫?

このコラムを書いている段階では予断を許さない状況ですが、水虫の治療薬がネット(通信販売)出来なくなるように薬事法なる法律が改正される公算が大きいようで、もし仮にそーゆー事になりましたら、人によって薬局で正々堂々と購入しにくい痔の薬とか水虫治療の薬などがネットで買えなくなってしまいまして、そーゆー事になったら私の予測としては、ちゃんと薬としての認可を受けていない、微妙なラインの治療薬もどきがネット通販で活躍してしまいそうな気がするので有りまして、わけの分からない法規制は止めて欲しいなって思いますね。

で、今回のコラムの本題であります木酢液方面に話を進めていこうと思いますが、別に薬事法の認可を受けて居なければ絶対に治療効果が無いって事は言い切れないのも事実ですし、民間療法の水虫治療で完治したって話も良くあるようですので、絶対に駄目だじゃないですけど先ず基本的な考えは保険証を持って皮膚科なり水虫の治療が出来る専門病院に行きましょうねって事です。

でね、水虫なんてものは副作用とか他への影響を一切無視してしまえば殺菌力の強い薬剤でも何でも使えば簡単に治ってしまうのですが、なにせ皮膚の奥に入り込んでいてそれなりに白癬菌は強いので下手に水虫が一発で治る特効薬なんか作ったら、、健康な人間の皮膚まで攻撃受けちゃいますからその辺りの加減が大切らしくて、薬としてちゃんと厚生労働省の認可を受けて居る水虫治療薬はその辺りまで踏み込んで人間の皮膚への安全性まで考慮してあるって事では無いでしょうかね?

つまり3日で水虫を完治する事だけを考えて他への影響とか副作用を考えなければカビキラーでも水銀軟膏でも使えば水虫なんて簡単に完治できますけど、足の皮膚がボロボロになって後々皮膚癌の危険性が高いですよって事ですね。

でね、水虫なんてそんなに恥ずかしがる必要も無いと思いますし、そうやって人に隠れてネットで情報を探したりしてコッソリ治そうとしている人が減らないから、根絶に向かうどころか全く患者さんが減っている気配すら無いんですから、さっさとこの画面を閉じてパソコンの電源を落として保険証を持って病院に行ってきて下さいね。

そうしないと、あなたの足から他人に拡散して更に水虫感染者を増やす手助けをする事に、あなたがなってしまいますからね。

追伸
木酢液は殺菌力の強い液体だそうですから、白癬菌にも勿論効果を発揮するでしょうけど、自己責任で十分考えてから行動して下さいね。