クーラーなしの暑さ対策+水虫対策

はっきりした根拠は無いのですが、どうもクーラー・・最近はエアコンって表現が一般的ですけど、こいつの冷気に冷やされていると夏の終わりに大きな夏バテが襲ってきて、高熱を出してしまうような体質らしくて、基本的には扇風機に冷房を引き受けて頂くのですが、流石に酷暑日とか猛暑日には少々力不足で、なおかつ水分を摂取しすぎましても夏バテしてしまいますので、こちらとしても色々手を考えるわけです。

私の知る限りよく知られているものには首筋を濡れタオルで冷やすって手がありますけど、これよりも強力なのがバケツに水を入れて、こいつに足を突っ込んでしまうって方法でして、実は弊社の場合はそのあたりがとってもいい加減なもので、バケツに足を突っ込んだ状態で仕事をしている場合も有ります。

更に効果が有るかどうかは分からないのですけど、水虫の民間治療で日本茶(緑茶)の殺菌効果が水虫の元であります白癬菌に有効って話も有りますので、出涸らしのお茶の葉を廃棄する前に足を突っ込むバケツの水に入れてしまえば、まぁ水虫の足を治すほどの効果は無いでしょうけど、足を清潔に保つとかお茶のにおいで足の臭いが全然しないとか結構メリットは有るのですよね。

ただ1時間以上足を水に浸けっぱなしにしていますと、足の皮がふやけてきまして直ぐに靴を履いて歩くと足の皮がむけたりし易くなりますので、適当な所で足を出して十分に乾かしてから靴下を履いて通常の革靴はいた状態に戻りませんと、足が痛くなってしまうと思います。

でね、基本的に水虫に感染したり患部が一気に広がったり白癬菌が活発に活動するのは夏場になりまして、私も随分と昔にこいつにやられて苦労した覚えが有りますけど、どのくらいバケツにお茶の葉の出涸らしをいれていわば緑茶に足を突っ込む効果が出ているのかどうか分かりませんけど、ここ数年は白癬菌と一切のお付き合いをしていませんから、まぁ多少は日本茶が水虫を防いでくれているのかもしれませんけどね。

※実際に水虫が日本茶(緑茶)で完治したって情報は多いようですし、体験者も多いようですからそれなりに白癬菌に対してお茶の殺菌力みたいなものが効果を発揮するのでしょうけど、たぶん想像するに痒みが出てから素早く対応した、初期消火みたいだったから上手く完治できたのでは無いかなって思いますので、相当症状が進んでしまった状態でしたら、まぁ逆に白癬菌がお茶を飲んでしまうような気もするのですけれど、実際の所どうなんでしょうかね?