水虫と足裏多汗症

まず汗をかくのは人の普通の生理現象なので有りまして、人によって多少の違いは有りますけど体温が上がったり致しますと、自分の体で調整しようと汗をかくわけでありまして、多汗症の場合は少々その汗が多いって事にはなりますが、逆に汗をあまりかかない方が実はからだの仕組みとしては危険な状態なのでは無いでしょうか?

とは言っても現代社会では基本的に汗っかきは敬遠されてしまうことは否めないですし、汗も時間が経過致しますと雑菌が繁殖致しまして悪臭を放ったりして本人としてはとても気になる事なんですよね?

さて話は急に水虫方面に移動致しますが原因で有る白癬菌は、生暖かくて湿度がある所を我が住処と勝手に決めてしまう性質を持っておりまして、汗で蒸れた革靴の中なんてものは水虫にとって最高の住環境なワケですよね。

まぁ仮に足首から下は一切の汗を分泌しなければ靴の中は乾燥していますから、水虫は繁殖が抑えられてしまうので有りますがそうはいかないのが現実ですね。

さて一日靴を履いて夕方にもなりますと脱いだ中から水蒸気が立ち上ると形容しても大げさじゃない人も日本中のお父さんの中には沢山いると思いますが、たぶん病院に行けば多汗症って診察されてしまうかもしれませんが、たぶんこれは多汗症でも何でも無くて単に靴の中が熱いのと、通気性が良くないだけの問題でかいている汗はごく一般の人と大差ない場合が多いと思います。

※もちろん勝手に私が書いたコラムよりも資格を持った専門医のほうが正しい知識と見識を持っていますので、そちらの意見に従ってくださいネ。

ですから仮に多汗症と致しましても対策としては目立たない程度のメッシュの革靴を着用するとか、ビジネススニーカーなどの通気性の良い素材をつかった靴を着用致しまして、通気性の確保と同時に、靴の中の温度を下げるようにしてあげるのが一番でしょうね。

他に考えられる対策と致しましては、例えば会社の中では革靴を脱いで専用のスリッパに履き替えるとか、運転中も同様に通気性抜群の履物に履き替えるとか、あとは周りに迷惑をかけないように細心の注意が必要ですけど、時には靴を脱いで外の風に当ててあげるとかね。

なにせストレスとか緊張とかでも汗の分泌が多くなるとの事ですので、余りに汗の事を気にし過ぎますとかえって汗が良く出てくると思いますので、ごく普通の人の反応だと考えて通気性と温度に工夫をすれば随分と軽減されると思いますよ。