夏場の足の臭い対策

高温多湿の日本でありまして、日本の正しいサラリーマン、営業マンはキチンと革靴を履いてお客様先を訪問するのであります。

ここで、特に夏場問題に なってくるのが、革靴の中で蒸れた足の匂いの問題なのであります。

営業車で外回りをしていた頃ですと、車の中にはサンダルを置いておきまして、車を降りて客先に入るとき以外はサンダルを履いて、足が蒸れな いようにしていたのですが、電車や徒歩やバイクでの外回りの場合は、サンダルを併用するわけにはいきませんので、対策に頭を悩ませる事になります。

自分なりの対策としては

○抗菌・抗臭の靴下の着用

個人的には抗菌靴下は薄手で汗を吸わないものが多くて嫌いです。

○革靴をローテーションして履く(革靴の臭い対策)

○ファブリーズなどの消臭スプレーの活用

位しか浮かばないのでありまして、日本の夏と日本の中年のお父さんの足は強力ですから、この位の対策くらい減っちゃらで打ち負かしてしまう わけですね。

一番なんとか改善して欲しいと思うのが革靴なので有ります。

日本では元来、下駄や雪駄、草履が日本人の足にはいていたので有りまして、日本の風土に合っている訳ですね、高温多湿の風土に。

革靴の発祥は何処だか知りませんが、きっと湿度の低い外国だと思いますよ、じゃないと足が蒸れちゃいますからね?

それを日本に持ってきまして、無理やり日本人に定着させちゃったみたいですが、水虫の原因にもなりますし、革靴が夏用はメッシュでそれを、 何処に履いて行ってもおかしくないような、環境になっていただきたいものです。

追伸

最近になってビジネススニーカーが静かなブームになってきましたね。

表向きは疲れないとかって事になっていますが、本当の所は蒸れた足の臭い対策と、水虫対策って所が当たっているのでは無いでしょう かね?