浴室のカビ対策とキッチンハイター

一体どこにカビの胞子が漂っているのか不思議なので有りますが、水虫と同様に油断しているとすぐにカビが生えてしまうのはどこのご家庭でも同じだと思います。

水虫の正体で有る白癬菌もカビの仲間ですから治療中の方は浴室のカビ対策も同時並行で行う必要があるので今回のコラムではその事について書いてみます。

さて単に浴槽のタイルの目地などに発生したカビを落とすには、タワシで擦るなどの物理的な除去とカビキラーに代表される薬剤を使って消滅させる方法が有りますね?

タワシやブラシでこすり落とすのは結構な労力を必要としますし、落としてもすぐに又生えてくる難点が有りますし、カビキラーに関しては確かに簡単にカビを除去出来るのですが、どうも匂いや刺激が強すぎるので狭い浴室で使うのをためらう人も多いのでは無いでしょうかね?

で私のおすすめは上手にキッチンハイターを利用する方法です。

まずカビの発生が激しくなってしまったら従来のタワシやブラシやカビキラーで除去しますが、普段からキッチンハイターの水溶液を浴室に散布しておくとカビ発生の予防に効果的です。

もう少し具体的に書きますと一週間に一回の割合で、バケツ一杯の水にキャップ半分程度のキッチンハイターを入れた水溶液を浴室内の壁や発生しやすい場所を中心にかけてしまうってだけの、数分で出来る短時間カビは発生予防の方法ですね。

カビが目で見て分かるほど発生してしてしまった場合でしたら、もう少し濃い水溶液を作ってやる必要があると思いますが、力を入れてゴシゴシこする必要も有りませんし、臭いは少々致しますが刺激臭とまではなりません。

しかも何と言ってもキッチンハイターの値段は一本あたり100円ちょっとですから、一回使用あたりのコストは水道代を入れて数円程度と非常に安価にカビの予防が出来るわけです。

浴室の床にカビが生えている状態でしたら推測ですが水虫の原因で有る白癬菌だってその中に潜んで人に乗り移る機会を狙っているでしょうから、自分の足の水虫治療に一生懸命になっていてもカビが生えてしまっている浴室でしたら、すぐに再発しちゃうと思いませんか?

追伸

台所で大活躍のキッチンハイターですがカビ対策にも相当強力な助っ人になりますので、ハンドスプレーにキッチンハイターの水溶液を入れれば、窓の枠ですとかビニールクロスに生えてしまったカビ対策にも有効なんですけど、問題点として漂白作用が有るって事なんですよね?

布でも壁紙でも綺麗に漂白までしちゃいますので、それが困る場所には使えないってところが唯一の問題点として残っているのであります。