テレコール(電話コール)

販売目的で電話をかけること

これってやるのも嫌だし忙しい時にかかってくるものウザイものですが、テレコールとはひたすらリストに書かれた電話番号に電話をかけまくって見込客の発掘やアポイントを取る作業です。

アポイントを取るために電話の場合はテレアポなんて表現を致しますが、まぁ基本的に上司は絶対に電話をしないで部下の営業マンやテレアポ専用のオペレーターが電話するのを見守るというか監視しているのでありまして、文句ばかり言ってないでお手本を見せてくれって言いたくなる場合もあるかと思います。

さて営業効率の向上ですとかアポイントも無しに出かけても相手にされないとか、IP電話の普及によって電話代が安くなったとか様々な理由で電話コールをファーストアプローチに取り入れる企業が多くなっていますけどあえて言いますと電話コールする会社ってイメージ良くないんですよね個人的な感想ですけど。

中には有名な会社で電話コールする処も有りますけど、何となく知名度が低くて既存客の評判がよくないので紹介も出てこないから電話コールで新規客を集め続けないと会社が継続出来ない会社じゃないかななんて思ってしまうのです。

私の会社にも証券会社とか先物取引ですとかリゾートマンションですとか色々電話がかかってくるのですけど信じられないことにSEOと呼ばれる検索エンジンの検索結果を上位に持ってくるサービスを行う会社まで電話コールしてくるのです。

思うに検索結果を上位に持ってくる事を売りにしている会社でしたら自分の会社のホームページを上位に持ってくえば電話コールなんぞしなくても見込み客なんて幾らでも集まる筈なんですけど、電話をかけて来るのでありまして分かりませんけどインチキな会社だろうなって事で電話を切るのです。

まぁそれに限らず電話コールに嫌悪感を持っている人は結構多いって事は理解しましょうね?

追伸(電話コールをする方に)

忙しい時に電話がかかってくる事が多いのですけど、さっさと要件を言って下さいよね?

中には何の目的でかかってきたのか暫く話を聞かないと分からない場合も有るのですけど、電話なんてものは相手の都合も状態も関係なく一方的にコールするものなのですから、その辺りはよく考えて手短に目的と要件を伝えるようにして下さいね。

特にねこっちの都合も聞かないで一方的に話をして電話を切らせないタイプの電話コールを受けるのは大嫌いなのでありまして、そんな事をやってますと会社のイメージが悪くなっちゃいますよ。

朗読版