MS-DOS世代、Windows世代

弊社の仕事柄、社員はパソコンの習熟度が中級以上でないと、我が社では仕事にならないのですが、パソコンをマスター世代によって個人的にベーシック世代 MS-DOS世代、ウインドウズ世代と勝手に線引きしています。

私はMS-dos世代なのですが、今時パソコンを操作するのにMs-Dosを知っているからと言って役に立たないと思うかもしれません が、当時覚えたコマンドが非常に役に立っています。

確か、MS-DOS2.0の時代にNECの98シリーズの頃にパソコン世界に入り込んだのですが、フォロッピーディスクをフォーマット するのも、高いハードディスクに領域を確保してハードディスクを利用可能にするのも全てMS-DOSのコマンドを打ち込まないと、出来ませんでしたから必 要なコマンドは迫られて覚えたものです。

今はファイルを別の場所にコピーするのもマウスでコピペすれば出来てしまいますが、当時はcopyコマンドでいちいちファイル名を指定 してコピーするかワイルドカードを使ってコピーするしかなかったものです。

しかし、それをやってきたお陰でWindowsが立ち上がらない状態で、画面が真っ黒のプロンプト状態でも、多少の対応は覚えているコ マンドで出来るので有ります。

Windows3.1が出てきていつの間にか、OSの主役の座をWindowsに奪われてしまったMS-DOSですが、パソコン普及に 果たしてきた役割は非常に大きいと思いますよ。

あの当時、ハードディスクも高価でちょっとしたソフトウエアをインストールするにも、フロッピーディスクを何枚も差し替えてインストー ルしたものですが、MS-DOS上で稼働していた当時のソフトウエアは、昔のクロック数でも、今のウインドウズ上での動作より、よっぽどサクサク動作して いました。

なんだか、OSもソフトウエアも肥大化してしまって、確かに高機能になりましたが昔の機能は少ないけどサクサク動作していた、 MS-DOSの時代が懐かしく、最近動作がめっきり遅くなったWindows98マシンの前で思うので有ります。

どうもWindws開発はインターフェイスや機能を盛り込む事が最優先で、動作スピードはハードウェアが進化するのであまり考 えなくても良いって考えが根底に有る様な気が致します。

ハードウェアの進化がソフトの機能アップに追いつかない時にWindwsVistaのリリース時のような状態になってしまうの でしょうね