中古パソコンとOS販売の問題

子供の遊び用にパソコンを一台購入することにしまして、高価な新品を購入しても仕方がないので中古パソコンを購入しようとインターネットで中古パソコンを 探しました。

ここで一つ問題が有りまして、オークションでも中古パソコンショップでもほぼ100%OSが一緒に付属していないことなんです。

OSとはWindows98SEとかWindowsXPとかのそれがないとパソコンが基本的に動かない基本中の基本のソフトウェアなの ですが、中古パソコンの本体と一緒に付属してこないんです。

半日検索して中古パソコンを探した結果では中古パソコンの約半分が付属品なしで本体のみ、約半数のパソコンが最初から Windows98とかのOSがインストールされていますが、CD-ROMでOSは添付して付いてきません。

中古パソコンは新品と比べて格安なのですが、OSのCD-ROMが付いていないと後々困ることが目に見えていまして、中古パソコンを購 入したそのまま使うことは希で有りまして、ボードを取り付けたり、ソフトウェアをインストールして使うわけですが、ドライバーソフトをインストールすると きによくWindows98のCD-ROMを入れてくださいって指示がよく出るじゃないですか?
それが中古パソコンの場合は付属していませんので別途購入しなければなりません。

これは、別に中古パソコンショップが意地悪をしていたり、別途OSを販売して儲けようと思っているわけではなく、OS ソフトウェアの 利用規約に引っかかってしまうので、中古パソコンを新品で購入した際に付いてくるソフトウェアを中古で販売する際に添付して販売できないのが原因なのだそ うです。

現在新品のパソコンはずいぶん安く販売されていますが、別途OSを購入すると結構高くて激安パソコンを新品で購入するくらいの金額がか かってしまいます。

私は何となく、古本のように中古パソコン市場が活性化しない訳が分かったような気がしてきましたね。

年間で山のようにパソコンが廃棄されていますが、中古パソコンとして市場に出てくるのはその中の極々一部なのは、中古パソコンを再生す る費用の他にOSの問題が有ったのですね。

しっかし5万円位の市販の激安パソコンを購入してもWindwsXPなりのOSがインストールされた状態で購入できるのです が、OSを単体で購入しょうとすると高いですし、中古のWindowsXPにしろVISTAししろ中古OSは再販の関係で販売していないのですよね。

OSの世界にもオープンソースのさらなる普及を望むので有ります。