パソコンのデータ消失とバックアップ

年に何回かはクライアントのパソコンで過去のデーターが一切合切消失してしまい、復旧も全く出来ない状況に出くわします。

日本の家電製品は押しなべ て優秀ですから、ついパソコンに関しても日本製家電製品の延長上で信用してしまうのか、バックアップを全く取っていない為、過去の大事なデーターが全て復 旧不能になってしまう事が多いです。

一番多いのがハードディスクのクラッシュで、つまり機械的に(物理的に)データーが保存してあるハードディスクが故障してしまって、パソコ ン事体が全く起動しない状態で、ハードディスクを交換してOSから新たにインストールをやり直さなくてはいけない状態。

私が遭遇した殆どかこれに当たります。

あとは、原因不明なんだかウイルスに感染してしまったようで、立ち上がらなかったり、動作が極端に不安定になったり、良くないページがかっ てに出て来たりで、やはりハードディスクをすっかり綺麗にフォーマットして、新たにOSからインストールしなければ行けない状態で、一応中に保存してある データーは取り出せますが、どのファイルかがウイルスに観戦しているようで不安なので、結局、保存してあるデーターを全て諦めてしまう場合が有ります。

この辺の回避方法は非常に難しいところで、基本的には定期的にハードディスクのバックアップをCD-ROMなりに取っておく事になるのです が、データー量が増えてくるとCD一枚に収まらなくなってきますので、作業的には初心者には分かりにくくなってきますね。

企業などでサーバーを設置してある場合は、サーバーに丸ごとコピーしておけば良いのですが、パソコンを個人で一台とか使っている場合は、ま めな管理が必要です。

データーバックアップの基本

○バックアップのデータは一方通行が基本中の基本、書きこんだり戻したりしないで、バックアップ取ったデーターは、万が一の時しか使わな い。

○バックアップの基本はフォルダの管理、パソコンは様々なソフトを共存させて使いますので、先ずは保存する場所のフォルダありきになりま す。

まあ今はCD-ROMも一枚100円もしませんのでこの辺を押さえて、こまめにバックアップを取りましょうね。

追伸

ストレージの容量が大きくなって便利になった反面、ハードディスクのクラッシュなどで発生する損失は大きくなっていますよね。

ハードディスクの金額も随分と下がっていますので、 CDなどでバックアップを取るよりも、ハードディスクを使って一気にバックアップしてしまったほうが、コストも時間も節約できる状況になってきたと思いま すよ。