代金前払いの交渉方法

今回は代金の回収に関するコラムですが、特に景気が悪くなってきますと売掛金の踏み倒しの事例が増えてきますし、会社の規模が小さいほど支払いを後 回しにされてしまう事が多いですか、SOHOや個人事業主として営業している場合は、代金回収、売掛金の回収に気を配りませんと、踏み倒される可能性が高 くなってしまう訳ですね。

百万円単位の仕事でしたら事前に企業の与信調査を行うとか慎重になりますし、踏み倒されそうになったら裁判を起こすとか、資産を差し押 さえるとかの労力を必要が有ると思いますが、100万円以下の少額の仕事の場合は、口約束だったり、踏み倒されても裁判を起こす費用と手間を考えると二の 足を踏んでしまうので有りまして、そう致しますと代金前払いで踏み倒しを防止するしか手はないような気が致します。

因みに私の経営する零細企業の場合ですと、10万円未満は全額前払いでお支払い頂きまして、10万円以上になりますと先ずは手付け金と して半額を支払って貰って、作業完了や納品段階で残金の精算をしておりますが、これは過去に途中で取引先が倒産してしまったり、言いがかりを付けられまし て(確か5万円程度)代金を踏み倒された経験から、回収には非情にシビアな運用を徹底しています。

で本題の代金前払いの交渉方法に進んで行くのですが、まず経営者自身が前払い以外では仕事を絶対に受けないって位の強い意志を持つ事が 肝心でありまして、経営者の腹が固まってしまえば、交渉とっても弊社の条件はこーであって、それ以外では仕事はお受けできませんって事で突っぱねるしか方 法は無いと思います。

まあ見方を変えますと、強気の支払い交渉が出来るようなオンリーワンの仕事内容を構築しましょうねって事なのでありまして、支払い方法 の交渉の場において強気の交渉が出来ないって場合は、ここで強気に出て前払い以外は受けないなんて言ってしまったら、仕事が来なくなるとか受注できなくな るって恐怖から弱気になってしまうのだと思いますが、後で踏み倒されて偉い目を見る可能性も出てきてしまいますし、今の経済情勢では大企業や一部上場企業 だってどうなるのか分かりませんからね?

個人的な考えとして私の経営方針としては、支払い条件は絶対に妥協しませんし、取引先から理由を聞かれたらはっきりと、踏み倒しの防止 策ですって答えるようにしているのです。

中にはそれで気を悪くされる方もいらっしゃいますが、それはそれで構わないと思っているのでありまして、そのお陰で自分の会社は10年 間続いてきたのだと思って居るのです。

朗読版