ペット税導入

税金の基本は公平性とか受益者負担は二の次三の次で、実際の所は取りやすいところから徴収するって事に相場が決まっているので有りまして、とにかく下々からは生かさぬよう殺さぬようにとか、絞れば絞るだけ取って、保養所を建てたり居酒屋タクシーを使ったり、空出張をしたり税収確保の為には目を皿のようにしまして、みーつけたって感じで浮上してきたのがペット税なので有りますね。

まあ現時点では、自民党の動物愛護管理推進議員連盟が中心になってペット税の導入に向けた議論が始まったばかりって所なのですが、このペット税に関しても過去の例に漏れることなく先ずは本質を隠しまして、大義名分とか多くの人が納得する為の理由を考えて世間にリークするわけです。

ですので、まず課税ありきって本音は誰にも分からない場所に隠しておきまして、ペットの保護に使うとか買い主のマナー向上の啓蒙活動に振り分けるとか、なるべく反対意見が出ないように、税の背景とか目的をそれらしくする為に大義名分を考えるので有りまして、まあ課税が始まってしまえば当初の目的はすっかり忘れてこちのもの、こんな感じが全然珍しく無いですからね。

でまあ個人的にペット税に対する感想を書いてみますと、そもそもペットは生き物であって、売買する物(商品)にしているほうが少しおかしいのでありまして、ペット税はペットショップで売買する動物に贅沢税のような感じで課税するにしても、個人売買とかネットでの個人売買を装った取引に対する課税をどーするのか、とかの実務上の問題が有ると思いますし、多種多様なペットの種類に対して、小鳥にまで課税するのかどうかも、どのみち議論が出ると思いますし、はっきりいってペット税って発想自体が今ひとつなのでは無いでしょうかね?

※ペットショップでの購入時に課税するのでしたら、個人間の譲渡を装った取引が増えるだけだと思いますし、そもそも未だに田舎に行きますと、犬や猫は近所や知り合いの家で生まれた子犬や子猫を譲り受けるってのが主流だったりするのでして、そこには課税が入り込む余地は無いでしょうね?

追伸
いまのペットを取り巻く廃棄とか放置とか様々な問題は先ずは税金を搾り取るって事よりも、罰則規定を強化してモラルに反する業者や個人を徹底的に排除する部分から手を付けませんと、税金の徴収で片づく問題ではないような気が致しますね。

とにかく、少しでも理由が付いてしまえば先ずは課税対象にしようって魂胆が見え見えなのでありまして、その前に人員を半分にして無駄な税金を使うのを、止めて欲しい物です。