ペット霊園、墓地墓石

今回はペット霊園の話であります、新規仕事依頼で今度独立して、ペット霊園を新規開業したい方とお話をする機会が有ったので、ペット霊園の事は話に聞いて いた位なので会社に帰って調べてみました。

先ずはインターネットでペット霊園で検索・・あるはあるは、じゃあ地域を絞り込んで ペット霊園+千葉県 で検索 約70件出てきました、ついでに ペット霊園+埼玉県 (約50件)  ペット霊園+神奈川県(約60件)と 予想以上に沢山出てきました。

う~んネットの世界で予想以上にペット霊園の世界も競争が激しいようだ・・・、今回のペット霊園の新規開業希望の方に関しては、インター ネットだけでの顧客?開拓では売上が読みきれない部分が有るので、動物病院に片っ端からアプローチしてコネクションを作って、動物病院経由で、ペットの焼 却や埋葬、霊園の営業ルートを自分で開拓できるように、営業ツール等を含めてアドバイスしておいた。

まだ若く、営業経験も豊富な方なので、きっと動物病院を何件か開拓して営業ルートを短期間で作れると思いますが、少子化やら、親と同居しな い子供が増えて今後益々ペット需要は増えてきますから、ペット霊園もまだまだ増えるのでしょうね。

しっかし、霊園の風景だとか墓石のサンプルだとかをWeb上で見ましたし、価格表?料金表かな見ましたが、焼却費用とか供養の料金とかあっ て、墓石なんて人間と変わらないではないですか?
黒い御影石って言うんですか? そんなんで大きさは人間を埋葬する墓石より二周りほど小さいんですが、まあ結構な金額でありました。

まあねぇ 長年連れ添った夫婦でも喧嘩ばかりしていた伴侶よりもペットのほうがよっぽど、愛情を注げるんでしょうかね?

しかしペットを簡単に飽きたからと言って捨ててしまう人に比べたらペットのために大金をはたいてペット用の墓地を立てる人のほうが 数段良い人なので有りますが、それなら社会福祉活動にでも少し力を入れたほうが良いような気がしないでもないですね。

ただ人間の世界では散骨ですとか葬式をしないで墓地も不要って人が増えてきているので有りますが、まあそんな訳でペット市場に新た な需要を墓地墓石業界が見出そうとしているのでしょうか?

あと最近の墓地は耐震性も重視した地震に強い倒れない墓地も新商品として出ているようですね。

昔から同じ形態だと思っていた墓石業界も色々と人口減に対して考えている訳ですよね。