2ちゃんねる対策

まず最初に書いておきますが2ちゃんねるの書き込みを過小評価したり見くびっていると、しっぺ返しを食いますよって事を最初に書いておきたいと思います。

さて一般的に2ちゃんねるに書き込む人のイメージは引き籠もりとか、ニートとか若者が日がな一日パソコンの前に張り付いて2ちゃんねるに書き込みをしたり閲覧をしているイメージが強く、そーゆー風に思っている人も沢山居るように思いますけど実際は違いますからね。

まぁ私自身がちゃんと2ちゃんねるをお気に入り(ブックマーク)に入れてますし、頻繁でないにしろ書き込みも致しますが、私の事はさておき私が仕事上お付き合いをしている実に様々な方が2ちゃんねるを閲覧しているのでありまして、企業経営者から政治関係の方に一般のサラリーマンにOLの方まで実に幅広いのでありまして、まず2ちゃんねるを先入観で仕事もしていないニートなので馬鹿にしていると、結構社会的な地位があって発言力や行動力を持ち合わせている人も含まれていますし、時に間違った方向に向かう事もあるかも知れませんが、ネット上の正義感や電凸行動などに現れる行動力は大したものだと思いますね。

ですのでもし仮に自分に何らかの落ち度や非があって、騒ぎが2ちゃんねるに飛び火したのであれば、さっさと自社サイトで謝罪とか今後の対策を明示して、あとは余計な反論を2ちゃんねるに書き込んだりしないで、時が経つのを待つだけのシンプルな対応以外に考えられないので有ります。

中には工作員を社内で任命するとか、そーゆー事を請け負う業者に金を払って、擁護する意見を書き込んで貰ったり、連続投稿でスレを素早く消費させて話題そのものを消滅させようとする行動をとる企業や個人も存在するようではありますが、無駄な金を使って事態の収拾を遅らせて居るだけだと思いますね。

その他に虚偽の書き込みをされて誹謗中傷されている場合であれば、内容によって削除依頼で済ませるかもしくは被害届を出すなり法的な手段に訴えるかの判断は必要になると思いますけど、対応としては極めてシンプルな対応になるでしょうね。

追伸
何と言いますか2ちゃんねるに出没する人(ねらー)に対しては既存のマスコミですとか、一世代前の有識者ですとか、新しいものを受け付けたくない人達によって必要以上に貶められてイメージを振りまかれてしまった気が致しますが、2ちゃんねる掲示板の中にもちゃんと良識とかルールとかマナーがそれなりに出来ていると思いますね。