2009年衆議院選挙結果予測

迷走の末に2009年8月30日投票で即日開票に決まった衆議院選挙ですが、まぁ共産党の躍進は間違い無いように思いますけど、普通に考えれば自民党が大幅に議席を減らして民主党が大躍進して民主党政権が誕生するって予想するのが順当な予想だと思いますけど、なにせあの民主党さんは政権が本当は取りたくなくて野党のままが、お気楽でよいと思っているのか知りませんけど政権交代の気運が高まると自らチャンスを潰してきているような所がありますから、今回の衆議院選挙の結果予測に関しても最後の最後まで分からない不思議な政党ですよね。

ただまぁ今回に限っては余程大きなハプニングが出ない限り、多くの方が予想(予測)するとおりに以下のようになるのでは無いかと思います。

・自民党、大幅に議席を減らして小泉チルドレンと呼ばれた議員さんたちの過半数は議員の職を失ってただの人になるでしょう。

・公明党、もう言われるように浮動票なんて最初からあてにしていない政党でありまして強力なる創価学会の組織力で最低でも現状維持するでしょうし、特に投票日当日の天候次第で投票率が低くなりますと、組織票を持っている公明党に有利に働きますので、今の政権与党といっても多少は議席を伸ばす可能性が有りますよね。

・民主党、単独過半数を取れるかどうかってのが一番の焦点になって来るのでは無いかと思いますけど、私の予測としては単独過半数はかなり難しく、第一党になるのは間違い無いでしょうが、単独で法案を通す力までには至らないのでは無いでしょうかね?

・共産党、元々一定の賛同者は居ますし今の二極化して貧富の差が激しくなりつつある現代ですから、思想的に共産党が議席を伸ばさないわけが無いので有りまして、間違い無く議席を伸ばして躍進してくるでしょうね。

・社民党、はっきり言って現在の北朝鮮の状況とか考え方もそうですし、政権交代とか二大政党制みたいなものに埋没して相当苦しい選挙戦を戦う事になるとおもいますし、かろうじて数名の当選者は出すと思いますが、議席を伸ばす要素は何も見つける事が出来なかったのであります。

以上がざっくりの私の衆議院選挙なのですが、予測通り政権交代が実現したとして日本の政治が不安定になって更に官僚の好き勝手状態になるのは困りますけど、今の自民党支配のままで税金の無駄使いを放置されるともっと困った状況になってしまうと思いますので、まぁ一回は民主党に頑張って貰おうかなって感じですね。