崩壊する企業への忠誠心

えっと今回のコラムのタイトルが少々分かり難いので補足しておきますと、コラムでの書くのは従業員が持っている企業への忠誠心の事で、企業が倒産の一歩手前の状態で従業員がモラルハザードを起こしていまうって事については、そのうち別にコラムで書こうと思っています。

さて、まぁ企業が従業員の事を消耗品と同じように考えて居たり、出来の悪い心の狭い自称経営コンサルタントの口車に乗って人件費を出来るだけ流動化しておきましょうなんて事をやりながら、従業員の帰属意識を高めるとかやたらと社員の忠誠度を推し量っているような企業が質の高い忠誠心の固まりのような従業員を育てる事は出来ませんし、出来る社員から愛想を尽かしていくのが落ちではないでしょうかね?

ただその高度成長時代から土地バブル崩壊するまでには、会社人間と呼ばれる仕事一筋で休日は家でゴロゴロするか会社の仕事を家に持ち帰って、もうその人から会社を取ったら何も残らないって人が少々問題視されていたような風潮もありましたので、時代の流れによって会社への帰属意識が低下してきて、忠誠心の度合いも下がってきた従業員が増えているようにも感じますし、日本も休日を増やして会社人間を少しでも減らしたいのか、それとも国際競争力が高まるように猛烈サラリーマンを増やすべきなのかと考えて居るのか、よく分からないですけどね。

さて、この企業への忠誠心って事についてもう少々考えて居る事を書いて見ようと思いますが、終身雇用制度が一般的で一定以上の企業規模であれば先ず倒産する事はないし、万が一にでも経営危機がやってきても、他の企業が買収なりの救済を取ってくれるし、国が救済してくれるなんて考えて居られた時代が終了した以上、大部分の労働者にとって企業ってのは労働力を提供して対価を得る所って感じになってくるのでしょうかね?

この辺りは企業と従業員の関係がどんどんドライになってく事を良しとする考えも有りますし、昔を懐かしむ意見も出ると思いますし、どっちがよいって事は言えませんよね。

追伸
私は外から見聞しただけの情報ですが、業績がとても悪化して倒産の可能性が高くなってきた企業におきまして、普段から従業員の忠誠心や帰属意識が強い会社でしたら、一致団結して危機を乗り越える方向に動くようですし、逆に普段から企業と従業員の関係がドライだった場合は、モラルハザードに発展致しまして内部からも崩壊が進んで行くようですね。