美味しき炊ける炊飯器と食欲の関係

えっと基本的に日本で生まれ育った人間が主食としているのは白米のご飯でありまして、幾らパン食が好きな人でも一ヶ月以上も白米から遠ざかっていま すと、大部分の人がご飯が食べたくなるようなのでありますが、今回のコラムでは美味しく炊ける炊飯器と食欲とダイエットの関係に付いて書いて見たいと思い ます。

さて大元のお米のほうも品種改良に頑張っているのでしょうが、家食が見直されてきた関係も有って家電業界でも高額の炊飯器が売れ筋に なって来たようですが、炊飯器の場合は実に単純な話で追加機能も一切考慮されない、ただひたすら美味しいご飯が炊けるってのが目的なのですよね。

で人間の本性としましてはやっぱりご飯が美味しいと食が進みますし、最近では卵かけご飯なんて安価でしかもご飯と卵と少々の醤油さえあ れば相当素早く調理が完了していまうご飯の食べ方なんかも流行っているようですから、美味しいお米とそれを上手に炊きあげる炊飯器が揃ってしまいますと、 中々ダイエット中の方にとっては手強い存在になるのでは無いでしょうかね?

まぁただでさえダイエット中は空腹に耐えている場合も多いのですから、そこにもってきて炊きたての美味しいご飯なんか炊きあがってしま いましたら、我慢するのは大変でしょうからね?

何でも聞くところによりますと、電気代の節約とご飯を炊く手間や時間の節約がメインなのですが、多少は味が落ちても炊きあがったご飯を サランラップで一食分づつ包んで、冷凍庫で冷凍保存しておいて食べる時に電子レンジで解凍して食べると、電気代とか米をとぐ時の水とかが節約出来る上に炊 飯器に入っている状態よりも多少はご飯のお代わりがしにくいので、食べる量もコントロールできるようですね。

さてご飯をまとめて炊いて冷凍保存しておく事はさておきまして、ダイエット中の人はしないでしょうけど、高い金を出して炊飯器を買い替 えるべきではないと思いますが、もしかしたら逆発想でダイエットで食べる量が制限されているから味だけは出来うる限り妥協しないって考えになるのでしょう かね?

追伸
どうも話によると地球温暖化の影響で稲作に適した地域が北上しているようなのでありまして、このまま北上を続けてしまいますと、日本で一番美味しいお米が 取れる地域が北海道に移動してしまうので有りまして、ただそこまでなってしまいますと、お米の味とかダイエット以外に大きな大きな問題が出ているので、 そっちの解決が最優先になるのでしょうね?