借金催促の方法

無い袖は振れぬって言葉が有りますけど、貸した金を返さないとか購入した代金を払わないとか、本来入金されるべきお金を払って貰えないで、何度も集金に行ったり電話をしたりして苦労している人は世の中に沢山いらっしゃると思いますが、今回のコラムでは借金催促の方法に付いて書いて見ようと思います。

さて私の過去を振り返ってみますと、サラリーマン時代にも自分で会社を興してからも年に一回くらいは代金の回収で苦労したことがあるのですが、催促されるほうも嫌かもしれませんが支払いを求めて電話をしたり訪問するほうも同じくらい大変なのでありまして、時として5万円の回収のために同じくらいのコストがかかってしまうのでありますから、回収不良が頻発致しますと経営の足を引っ張る事にすらなりかねないのですよね。

で今になって思うのですけど中々払わない相手に対しての対応ですが、何度も電話したり訪問して支払いを迫るってのはコストもかかりますし、とても疲れる事になってしまいますので素早く内容証明を送付してある程度強硬な姿勢を相手に見せてしまったほうが良いように感じますね。

内容証明を送るのは面倒な気がするかもしれないですけど、現在では郵便局に出向かなくてもインターネットを使って自宅から内容証明を送信することが出来ますし、費用のほうも千円から二千円くらいで送付できるのでありまして、電話したり訪問したりして嫌な思いをするよりも余程簡単で相手に対して威圧効果みたいなものを発揮することが出来ると思いますよ。

でまぁ内容証明の内容はともかく相手から支払う意志を引き出して分割払でも何でも回収してしまう道筋を付けることを最優先に致しまして、冷静に相手と対峙することが必要なので有りまして中には逆ギレする輩とか、開き直ってしまう奴とかとんでもないのが出てきてしまいますからね。

私の過去の経験では支払いの段階になってごねてきたり支払いを渋るような人や会社ってのは、こちらの対応次第で姿勢を変えてくるような所がありまして、こちらが毅然とした態度で絶対に全額払って貰いますからねって姿勢を見せていないと何とかして、支払いを逃げてしまおうって思ってしまうような場合が多いですから手を抜いては駄目なのです。

折角売上げが上がって喜んでいても実際にお金が入ってこなければ売上げゼロよりもマイナスが大きいですし、貸した金が返ってこないなんて事は貸したほうの怒りだけが募ってしまうので有りますから、くじけないで回収をしないといけないので有りますね。