開封確認は止めた方が良いと思う件

社内で仕事をしているときに基本的にメールソフトはアウトルックエクスプレスを利用していますが、送信する方の中には開封要求を付加していて、開封時に”送信者は開封要求していますが送信しますか?”といったメッセージが表示される場合がありますが、あれはやめておいた方が良いでしょうねってのが今回のコラムのテーマです。

さてその開封要求はしない方が良いって根拠なのですがこれはご存じの方が圧倒的に多いと思いますが、マイクロソフト製品でメールを受信したときにのみ機能する代物なのでありまして、外出先などでブラウザメールで受信した場合ですとか、秀丸メールとか他のメールクライアントで受信した場合には全く機能しないのでありまして、相手の受信環境によって機能したりしなかったりする訳です。

ですから社内連絡などで受信する相手のメール受信環境がはっきりしている場合には利用するのも良いと思いますが、メールの受信環境が分からない外部の人間に対しては開封確認コマンドは使わない方が良いのではないでしょうかね?

それにちゃんと開封要求が機能するとしても、受信した人の中には開封要求の出現を迷惑だと感じたり失礼だと感じる人も中にはいらっしゃると思いますから、無用な軋轢は避けた方が良いでしょうし、どうしても相手の開封状況を知りたいとかメールを送っても返信をよこさない相手には、本文に簡単でも構わないので返信を頂きたい旨記載しておいた方が良いと思いますね。

もしとっても大切なメールで間違って削除されたくないとか、早く読んで欲しいとかの場合でしたらもうひとつの方法として、送信した相手に電話でもしてしまってメール送ったので読んでおいてくださいね、もし届いていなかったら連絡くださいねって伝えておくって方法もありますからね。

追伸
私のメール受信ボックスにも毎日大量のスパムメールが配信されておりますし、サーバー側に設定されたウイルスチェックも頑張って働いてウイルスメールを大量に撃退してくれている毎日ですが、そーゆー頼んでもいないのに毎日せっせと送りつけてくる迷惑メールのお陰で、大切なメールを誤って削除してしまったり無駄な時間をとられているのが現状ですし、メールってのは相手が読んだかどうかこちらでは確認できませんから、開封要求を入れてくる気持も若干ですが理解は出来ます。

ただどうしてもあの開封要求てのは好きになれないのでありまして、やっぱりあれは社内連絡用くらいにしか使ってはいけないものなのでしょうかね?