支払期日と督促期日

商売ってのは商品を仕入れて販売して若しくはサービスを提供して、販売先から代金を回収して一区切りって事になりますが、支払期日に入金される予定の販売代金が入金されなくて困ってしまった方もいらっしゃると思いますし、営業マンの中には販売代金の回収率で苦労されていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

私が社会人になりまして営業マンとして働いていた頃を思い出してみますと、法人相手に商売を致しまして何の問題も無く商品を納品して、契約段階の支払い条件を元にしっかり請求書を発行していて相手も長年商売を商っている法人なのに、支払期日を守らないお客が出現するのはとてもびっくりした記憶が有ります。

私が経営者になって資金繰りの大変さですとかはもう少し理解出来るようになりましたが、ほとんど仕入れが無い商売のお陰ってのも有りますけど取引先に支払いでご迷惑をおかけしたことが無いのですが、代金の回収で苦労したことは幾度も有りますね。

まず今持って理解出来ないのが、支払い予定日までに資金繰りの段取りが出来なくて支払不能とか遅れてしまう場合には少なくとも前日までに、支払先に連絡を致しまして謝罪もして今後の支払い予定などに理解を求めるのが商売をしている以上は、当たり前の行動だと思うのですがこれが出来無い、何の連絡も無く志賀来予定日に入金してこない不届き者がとても多いですよね。

このあたりは入金予定日に現金が用意出来なくて振り込めない状態を相手に伝えるのが気が引けてしまうとか、全く資金切りの目どが立たなくて電話しても、先々の入金の説明が出来ないので連絡しないとか、本当にルーズな人であったりとか内容はケースバイケースで違うと思いますが、入金を待っている企業の方もアテにしている場合も少なくないでしょうし、入金されないお陰で今度は自分の支払いが出来なくなってしまったり、多大なる迷惑をかける場合がある訳ですからちゃんと入金が遅れる場合には事前連絡するってのは最低限のマナーでしょうね。

それと入金を受ける側の対応についても書いておこうと思いますが、迅速に対処する事が問題解決の全てって言い切ることが出来るでしょうね。

そのうち入金されるだろうとか来月になれば入ってくるだろうなんて考えはもってのほかで、入金予定日に入金が確認出来なかったら遅くとも翌日の午後には相手に督促の連絡を入れるべきでしょうね。

催促する側がルーズな対応をしていますと後回しにされるのが目にみえていますからね。