家に住み着く困った虫達

夢のマイホームを手にしたと思ったら、家賃はおろか挨拶もなしにいつの間にか住み着いてしまう者たちが居ます。

座敷童子とか自縛霊でしたら、ゲゲゲの鬼太郎に頼んでしまえば綺麗さっぱり解決されそうですが、シロアリ、ゴキブリ、ネズミ、ダニなどは専門業者に頼んで駆除しても駆除してもいつの間に、またぞろ出てきてしまう厄介な存在なのであります。

まあ、シロアリ、ゴキブリ、ネズミ、ダニ達が入居のご挨拶に菓子折り下げてやってきて、毎月家賃を払うといってもお断りする人が大部分だと思いますがね。

ここで提案なのですが、地震に強い家とか、マンション、光熱費がかからない家は売り出されているようですが、ゴキブリの住まない家とかは発売されていないようです。

ここは、大手ハウスメーカーあたりで、ゴキブリが出ない10年保証つき住宅とか、シロアリが食わないとかの、耐震性ならぬ、耐害虫の家でも発売しないものでしょうか?

家の中に住み着く虫は今でも田舎のほうが圧倒的に多いのでありますが、ネズミに関しては都心部に随分と移住計画が進行しているようでありまして、オフィスビルなんかにも随分とネズミが繁殖しているようですね。

ネズミの方も活動範囲を広げる為に、移住と言いますか移民の計画を致しまして、いまではすっか大都会はネズミの天国になってしまっているようですね。

なんたって今時の猫はネズミを捕まえませんから、ネズミにとって天敵がいない状態になっているのが、今の日本なのでありまして、繁栄は続くので有りますね。