百足(ムカデ)退治

百足と書いてムカデと読みますが、ホントのところ実際にはそんなに足の数は無いだろうと思ったら、実際には200近くの足を持つムカデも存在するようでありまして、ムカデが出てきて下駄屋に連れて行って下駄履かして返しちゃおうって思っても下駄が足りなくなってしまうかも・・まあ足りないでしょうね?

田舎に住んでいますと時折家の中に大型のムカデが入ってくるのでありまして、聞くところによりますとムカデは肉食しかも毒まで持っていましてゴキブリやネズミまで食ってしまう仲間まで存在するのでありまして、どうやら餌を求めて家の中に進入するようなのですが、姿形や振る舞い仕草がいかにも凶暴な害虫なので有りまして、攻撃性も強いらしいですので、出来ればお目にかかりたくは無いのでありますが、無断で入ってきてしまうのですよね。

しかもスプレー式の殺虫剤の類に対しても結構な防御力を発揮すると言いますか、生命力が強いので逃げられてしまったりするのでありまして、この場合は後で仕返しに来そうな気がしてとても怖いのでありますね。

確か風の谷のナウシカにもどこをどう見てもムカデとしか思えない巨大な虫が登場しておりましたが、流石にあれだけ巨大であれば大迫力でしょうね。

まあそれでも手近にある雑誌などを丸めて一撃を食らわせれば、後始末はさておきまして退治が可能なのですが、出来れば水際作戦と言いますか家の中に進入してこない方法を実施できれば良いのですが、中々ムカデの進入を食い止める良い方法は無いらしく、薬剤の類で効果を出そうとすると人体にまで影響が出てしまうようですね。

もし奴らが字が読めて常識があれば、入り口にスリッパでも置いておいて土足厳禁とでもすれば、全部の足にスリッパを履くのはとても面倒なので、進入を諦めると思うのですが、ムカデ族は学校教育制度が発達していないようですので、難しいようですね。

どうもムカデ撃退に関しては良い情報が書けそうもないので代わりにムカデ競争の必勝法を書いておこうと思います。

このムカデ競争必勝法は色々あるのですが主立った物を書きますと

■並び順・・・高い順でも低い順でもかまわないが出来れば前後の選手間の身長差が大きくならないようにする(先頭にはパワーのある人を)
■手をかける場所・・・肩には手をかけないで前の人の腰に手をかける
■かけ声・・・全員で声をそろえる
■間隔・・・ひもの場合は出来るだけ間隔を短くして前後の選手が密着するようにする

上記のような事が一般に言われている基本らしいのでありまして、ムカデ退治の参考になりますでしょうか? ならないですよね。