集合住宅のゴキブリ駆除

日本の住宅事情ではアパートやマンション、テラスハウスなどいわいる集合住宅に住んでいる方も多く、その場合はゴキブリ対策も結構一筋縄では解決しないのでありまして、今回はそんな事について思う事を書いてみようと思います。

なにせ集合住宅と言われるくらいで複数の家庭が一つの建物の中を壁で区切って生活しているわけですから、一つの世帯がゴキブリの巣窟になってしまいますと他の家庭がどんなにゴキブリの駆除を致しましてもゴキブリの巣窟になった家庭から斥候役のゴキブリが家の中に進入してくるのでありますね。

集合住宅のゴキブリ駆除は全世帯が協力して一斉に駆除を居たしませんと、中々効果を発揮しないのですが何せ現代は”秋深し隣は何をする人ぞ”って事ですから、ちゃんと管理組合なりが機能している集合住宅でないと難しいでしょうね?

基本的には個々の家庭で清潔を保ってゴキブリが繁殖しない状況を作るあげる事がベストなのでありますが、それが出来ない場合はゴキブリ団子と言われるホウ酸団子の類が一番効果的だと思います。

ホウ酸団子は自分で愛情込めて作っても良いですし、ホームセンターや薬局でもホウ酸団子は販売していますので、それを置いておいて食べて頂くわけです。

ホウ酸団子のメリットとしてゴキブリのお父さんやお母さんが巣に持ち帰りますし、美味しいホウ酸団子を食べて幸せな気分で旅立ったゴキブリの亡骸まで仲間が食して掃除しようとしてくれたりしますので、自分の部屋に出現したゴキブリ以外の仲間にも効果が有るって処でしょうね?

※間違ってもゴキブリの巣窟だと推測した部屋にホウ酸団子を投げ込んだりしない事です。

冗談はさておきまして、戸建て住宅よりも集合住宅の方がバルサンなどの煙による駆除場合でも他の部屋に緊急避難が出来るわけですし、中々根絶は大変だ思います。

各家庭の協力と努力がないといったん発生してしまいますと根絶が難しいのでありますが、頑張るしかないのです。

追伸
一階に飲食店など食べ物を扱うお店が入っている場合にそこがゴキブリの発生源として一番の候補にされてしまう場合が多いようですが、多くの飲食店の場合一般家庭よりもゴキブリ対策には力を入れている場合が多いのでありまして、実際の発生源は他の一般家庭の場合も有るのではないでしょうか?

勿論、中には集合住宅の一階などにに入っている飲食店が原因の場合も有りますけどね?