ダニ対策と布団乾燥機

ダニにとっての楽園とは?普段人間が使っている布団の中もその一つでありまして、適度な温度でしかも汗などで適度な湿気も供給されますのでまさに布団の中は理想の住環境で繁栄を極めたりしてしますのですが、人間にとってはダニのフンや死骸はアレルギーを引き起こしてしまう原因になってしまいますので速やかにお引き取り頂きたいのですが、なにせダニにとっての楽園ですので、優しく言っても聞く耳は最初から持っていませんし、布団叩きで叩いても表面にいる間抜けなダニが吹っ飛ばされるだけですし、天日に干してもさっさと日光が当たらない裏側ですとか内部に潜り込んで息を潜めて夜が来るのをじっと待っていますから、簡単にはダニ対策の効果は出ないのですよね。

聞く耳を持たないダニですから強制的に退治する致しませんとこっちにアレルギー症状が出てしまいますから、強制的にダニ退治する必要が有りますが、なにせ布団ですから薬剤の類を使用するわけにはいきませんので、ここは高温に弱いダニの弱点を利用する必要が有ります。
※ダニは熱さが苦手らしく50度の温度で20程度であっけなく全滅してしまうそうで、ダニにとっては灼熱の中で阿鼻叫喚の世界が展開されてしまうのでありまして、しかも全部死滅させてしまいますので生存者ゼロで証言者もいなくなるわけです。

その場合に一般的なのが布団乾燥機でありましてマメに家庭で行うダニ対策として布団もふんわり気持ちよく眠れるのでありますね。

ただ高温で死滅したダニの死骸を吸い込むとアレルギー症状が出てしまいますので、布団乾燥機でダニを全滅させた後には掃除機で吸っておく必要が有るのですが、それよりも衣類乾燥機が使えれば、同時にフィルターで死骸も取り除いてくれますので、こちらの方が便利だと思います。

個人的には布団乾燥機を購入するよりも、毛布や掛け布団などは衣類乾燥機でダニ退治を行って、家庭の衣類乾燥機に入らないような敷き布団などはコインランドリーに設置してあります大型の衣類乾燥機を利用した方が効率的にダニ退治が出来ると思いますね。

※近所にコインランドリーがないと車が無いと布団を持って行けないって欠点が有りますが、可能であれば布団乾燥機よりも衣類乾燥機に入れてぐるぐる回しちゃった方が良いと思います。

ついでに書いておきますと、枕もお忘れ無くです。

枕は髪の毛、フケ、よだれに鼻くそなどダニにとってのご馳走が沢山供給される場所でありまして、勿論枕の中にもダニは繁殖しているのでありまして、枕もお忘れ無くです。