ゴキブリ駆除(退治)と天敵アシダカグモ

ゴキブリを駆除するには色々な方法が有りますが、色々調べているうちに一般家庭での最良のゴキブリ駆除の方法はアシダカグモに活躍して貰うって事では無いかなって思ってきましたので、今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

さてご存じの通りアシダカグモはゴキブリの天敵の、かなり大きな蜘蛛で手足を伸ばすと人間の大人の手のひら位の大きさの大型の蜘蛛ですが、巣を張る事も無く人間に危害を加える訳でもなく、ひたすら好物のゴキブリを捕まえて食べてくれる益虫と呼ばれる蜘蛛なのですね?

■無料で一切費用がかからない
アシダカグモを通信販売しているかは知らないのですが、アシダカグモはゴキブリが居なくなった家からは出て行ってゴキブリが住み着く家に知らない間にどこからとも無く現れる、水戸黄門か月光仮面のような存在なのですが、勝手にやってきて別にゴキブリ駆除の料金を請求することなく、台所の生ゴミにもお菓子のくずにも一切見向きすることなく、素早い動きでゴキブリを追いかけ回して退治するわけで、しかも無料なのであります。

■薬剤の類を一切使わない
アシダカグモがゴキブリを捕獲するのはあの長い足を使っての素早い移動で、勿論薬剤は使いませんし足跡も有りませんから、安心安全ですね。
同じように薬剤を使わないゴキブリ駆除には電磁波や音波を使う機械が発売されていますが、人体に与える影響は不明ですが、音波も電磁波も一切でないアシダカグモに活躍して貰ったほうが安心ですね。

■後片付け不要
粘着ハウス型のゴキブリ捕獲器を使えばそれを捨てる手間は有りますし、雑誌を丸めて叩きつぶせば潰れたゴキブリを取り除いて捨てる手間がありますし、ゴキジェットのようなスプレー式のゴキブリ駆除剤の場合はゴキブリ本体の片付け以外に場合によってはスプレーから噴射された液がついた床や家具を掃除する手間も出てきてしまいますね。
その点、アシダカグモの場合は綺麗に食べてしまいますので少なくともゴキブリの残骸を目にする事は無いと思うのですが、懸念事項としてアシダカグモのフンが何処にされるかって所でしょうね?

■ゴキブリ全滅後に勝手に撤収する
アシダカグモは餌になるゴキブリがいなくなってしまいますと、食べる物が無いので他のゴキブリに困っている家庭を探しに旅に出てしまいます。
ですので人間としてもゴキブリが居なくなればしばらくしてアシダカグモもサヨナラも言わないで消えてしまう訳ですか、とても助かる訳ですよね。

以上のような理由から家庭におけるゴキブリ退治の最善の方法はアシダカグモの活躍ではないかと思うのであります。

※注意

アシダカグモが運良くゴキブリを追いかけて我が家にやってきたら

・ごきぶりホイホイのような粘着式のゴキブリ捕獲器は撤去しましょう、アシダカグモが引っかかってしまいます。

・ホウ酸団子もホウ酸団子を食べた直後のゴキブリをアシダカグモが捕獲する可能性が有るのでかたづけましょう。