ベランダの鳩対策と日本の鳩山総理

平和のシンボルと言われる鳥は鳩のはずですが、どうもベランダにやってきては糞で床を汚したり抜けた羽根でベランダを散らかしたりするのですが、まぁこっちはハト対策グッズが各種出回っていまして目玉の風船とか電磁波とか高周波で追い払えばそれで無事に平和な日々がやってくるのですが、平和主義の友愛精神といえば聞こえが良いのですけど単に優柔不断で政治姿勢がはっきりしない鳩山総理はベランダのハト対策のように簡単にはいかないのですよね。

私もそうで同じように思っている人も沢山いるのではないかと思いますが、長く続いた自民党政権に終りを告げて民主党への政権交代で明るい日本への第一歩を踏み出すことを期待していて実際に民主党が政権をとって鳩山さんが首相になってがっかりした人は少なくないのでは無いでしょうか?

つい先日も高速道路の通行料金の料金改定の発表が有ったのですが何故か値上げになっているのでありまして、確かマニフェストじゃ我が民主党が政権をとった暁には税金の無駄を徹底的に洗い出して財源を確保して高速道路は無償化して地方経済の活性化を図りますって事じゃなかったんでしょうか?

まぁ摩訶不思議な子ども手当の問題ですとか何故か外国人参政権を認めたいような感じですし、沖縄の米軍駐留基地の問題に至っては優柔不断な性格が災いして国益をどんどん損なうような感じで進展していますし、政治と金の問題では鳩山総理自身が長年にわたって巨額の贈与税の脱税をしていたのが発覚したのでありまして、こーゆー事が積み重なりまして政権交代の夢から覚めた人も少なくないと思います。

で鳩はハト対策でもベランダにやってくる鳥じゃなくて、どうやら宇宙からやってきた宇宙人説まで出ている鳩山首相はベランダのハト対策のように庶民が何とか出来る存在じゃ無いのがもどかしいですね。

まぁ今度の参議院選挙では民主党の政権運営に対してNoの答えを突きつける有権者が沢山出てきて、民主党政権にお灸をすえる事になるのだとうと期待しているのですけど、じゃぁどこに投票するかと考えましても、共産主義社会にはなって欲しくないですし自民党は末期症状だし社民党は論外だし全くどこにも投票する先が無いのが現実って有権者の方も多いでしょうね。

まぁこんな現状ですから日本が経済的に復活出来るのは外部要因がなんか無いと無理だと思うのでありまして、堅実な経営を心がけようと心に誓うのでありますね。