アタマジラミ対策

そもそもシラミなんてのは書籍の中でしか存在しないと思っていた寄生虫だったので有りますが、報道によるとここ数年の間にアタマジラミが復活の兆しを見せているそうでありまして、一体今までどこで息を潜めていたのかアタマジラミに聞いてことがないので分かりませんが、基本的に人間の頭皮に住み着いて日々暮らしているわけですから、そう勢力の拡大は簡単じゃないと思うのですが、誰か有能な指揮官でも出てきたのでしょうかね?

そうじゃなきゃ人間の頭皮に住み着くアタマジラミが勢力拡大できるわけがないのでありまして、最近ジャイアンツの帽子をかぶっているオッサンは目にしないし他人と帽子の貸し借りなんてまずする人はいないし、枕はたぶんみんな自分専用の物を使っているでしょうし可能性とすればサウナの仮眠室で入れ替わり立ち代り色んな人が横になって休む場所でのアタマジラミのおすそ分け程度なんですけど、サウナに入ったら高温でアタマジラミも全滅しそうな気がしますけどね。

でね、初めてアタマジラミ勢力拡大のニュースを見たときに感染(アタマジラミをもらわない)しないための対策が書いて有ったんですが、これがその他人の帽子を被らないとかお風呂上りのタオルを使いまわさないとか、まぁ普通やらないだろって感じのことが書いて有ったのでありまして、そんなんで感染が広がったんじゃなくてアタマジラミが夜中に移動しているんじゃないかと思います。

まずその寄生している人が眠りに落ちたことを確かめたら、志願に応募してきた斥候が同じ家の中を調べて同居人に狙いを付けて移住計画を実行に移しているのではないでしょうか?

他にも例えば映画館やコンサートホールなどの座席の背もたれ部分に飛び移りまして、誰かがやってくるのを息を潜めて待ち構えているとか新幹線や飛行機で勢力拡大する作戦が実行に移されているとか、なにか組織的に動いていませんといまどきみんな毎日シャンプーしますしドライヤーだって使いますし、そう簡単には勢力拡大できないと思うんですよね。

※たぶん旅館ホテル新幹線に飛行機に映画館やコンサートホールなどもしかしたらアタマジラミが勢力拡大の場にしていると予想される場所のことを書くとクレームが来るのでしょーもない帽子とかタオルのことを書いたのだと思いますが、そんな他人が使ったタオルとか帽子なんてそう使う人はいないでしょ。

ですから対策としてはそーゆー処に出かけない、出かけた場合は家に帰ってよく頭を洗って最後にドライヤー+クシでよく乾かして、その日に着ていた服は全部洗濯ってことになるのではないでしょうか?