ワーキングプアと最低賃金

確かワーキングプアの問題が盛んに言われたのは1年くらい前の話で、いつの間にか余り騒がれなくなったのは失業者が多くなったとか、非正規雇用の労働者の増大で低賃金が一部の人達だけの話じゃ無くなったのが原因だと思いますが、根本的に最低賃金を守らない会社が減らないとか正社員でもサービス残業によって時給換算すると最低賃金を下回っている会社が後を絶たないなんて理由も有るように思います。

※ 中には未払いなんてもっと酷い会社も沢山有るようですが・・。

私も人を雇っていた経験が有りますから、人を雇入れて毎月一定額の賃金を支払い続けるのはとても大変ですし、支払う給料に見合った成果を仕事で上げてくれない社員が多くて困っている社長も全国に沢山いると思います。

さてここで問題ですが例えば最低賃金を引き上げまして企業に対しての罰則規定を強化して、ワーキングプアの根絶を図ろうとするとどうなるのでしょうかね?

想像するに会社の存続のために背に腹は代えられないって事で従業員に薄給で我慢して働いて貰っている零細企業が沢山倒産してしまうと思いますし、そうなるとワーキングプアどころか失業者になって一定額の賃金も確保されなくなってしまう人が続出してしまうと想像します。

でその先ですが、日本中が貧困者で溢れ返る可能性も高いのですが、どうも業界によっては市場規模に比べて事業者の数が大過ぎまして共倒れ状態寸前の状態でワーキングプア状態を生み出している所も有ると思いますので、市場規模に合わせた事業者数に落ち着けば収益力を回復して従業員により多くの賃金が払えるようになる会社が増えて、ワーキングプアな人が減少するようにも思います。

もちろん多くの倒産を生み出すような事はワーキングプア対策であっても簡単には出来ないと思いますが、なにせ今からの日本は人口が減少することが確実で消費行動が若者に比べて低い高齢者比率が増加するのですから、セーフティネットの充実と合わせて最低賃金の引き上げと罰則強化でワーキングプアを今根絶しないと将来は暗いと思うのです。

これは経済学者の方も良く言っていますが、一般庶民の賃金が上昇して可処分所得が底上げされませんとどうしても節約志向に走ってしまって物が売れませんから、景気の回復は無理だ思うのです。

追伸
徐々にでは有りますがベーシック・インカムって国民全体に一定金額を配ってしまう案が話題に登っていますが、これがもし実行されるのでしたら同時に最低賃金の問題も解決に取り組めるのでは無いでしょうか?